Home >

パソコン系

LANケーブルでこんなに違うのか

オンラインゲームをやっていて、早押しで負けることが多くなりました。

仲間曰く、ネット環境を見直してみては?というので通信速度をアプリで測ってみました。

上りも下りも遅い。。
光ケーブルでこの遅さは駄目ですね。

しばらく速度なんて測ってなかったから、うちの環境がこんなに遅いなんて思ってませんでした。

色々調べたところ、モデムとルーターを接続するLANケーブルを交換すると良いと書いていたのでやってみました。

もともと接続していたLANケーブルは何も書いていなくてカテゴリが何かもわかりません。
一般的に光ケーブルの速さの恩恵を受けるにはカテゴリ6以上のケーブルが推奨されます。

しかし、うちにはカテゴリ6のケーブルがなかったのですが、そういえばSoftBankのルーターに付属していたしょぼそうなLANケーブルがあったなと思い出しました。

だいたいこういった付属されているケーブルは質が悪いと決めつけていたので、最初から使わずに違うケーブルにわざわざ代えていたのですが、ダメ元で付属ケーブルに代えて速度を測ってみました。


6倍くらい速くなりました!!!

モデムからルーターを繋ぐLANケーブルがこれほどにまで影響するとは思っていませんでした。

ていうか契約してから2年間ずっとこの遅さだったので、2年も損してたのか><

さらに速くなるとは思いませんが、今度はカテゴリ7のケーブルを買ってみて試してみようと思います。

アッポーペン

Apple Pencil 2がようやく入荷したので取りに行きました。

早速試し書きしてみたけど、もはや普通のペンと同じ感覚で書けますね!

楽譜にメモ書きして、それをファイル化して人に渡すとかも容易なこととなりました。

マグネットでiPad Proに貼り付くのも地味に便利なポイントだと思いました。

ただカバンの中にいれて持ち運ぶとペンが落ちちゃってることが多く、カバンの中からペンを探す羽目になるのでそこは仕方がないですね(^_^;)

Piascore

iPadで楽譜を管理するために、どんなアプリを使おうか悩んでいましたが、定番があるということで早速インストールしてみました。

Piascore

というアプリです。

セットリストを簡単に作ってそのライブの曲順に並べたりもできます。

書き込みもできますし、譜めくりも顔のジェスチャーでできるんです。

ウインクするか、口を横に曲げるのですがたしかにすごいのですが、結構恥ずかしいですね(笑)

ウインクはまだしも、口を曲げるとひょっとこみたいになるのでなかなか恥ずかしいです。

フットペダルでもめくれるそうなので、変顔見られるのが嫌な人はそれがいいですね!

しばらくPiascoreを試してみることにします。

人生初タブレット

割とメカに強くて、新しいもの好きと思われてる僕ですがタブレットを未だに所有したことがありませんでした。

さすがに必要に駆られて買おうと思って調べました。

主な使用用途が楽譜ビューワーとして使いたく、レッスンでもさっと楽譜を出して生徒さんに見せながら書き込んだりして、あとでそれをpdfにして送るということもできます。

あとは漫画ですね(笑)

なのでとりあえず画面は大きいほうが良いけど、さすがに12.9インチはでかすぎです。
ベッドで手に持って気軽に漫画とかは読めない大きさですね。
楽譜のみに特化するなら、立った姿勢でも楽譜が見やすくて良いのかもしれませんけどね。

レッスンで使うことを考えると書き込みもするのでApple Pencilは欲しいところ。

となると、前モデルの10.5インチか最新モデルの11インチかになります。

どうせ初めて買うのなら少しでも長く使えるほうがいいので、最新モデルを買うことにしました。

買うとなったらすぐ欲しい性格なので、店頭在庫を探したのですが11インチのスペースグレーはどこも売り切れ!

ビックカメラとか納期も未定とか、、、

が、しかし日が変わってヨドバシの在庫を見ると在庫希少だけど入荷してるじゃありませんか!

というわけで、速攻店頭在庫がある店に行き無事に買うことができました。

Apple Pencilもどうせなら2世代目を買いたかったのですがこちらは在庫なしなので、それだけは予約することにしました。

買って早速漫画を読みましたが、めっちゃ快適ですね(笑)
むしろでかすぎて慣れないくらいです。

これからおそらく老眼とかの症状が出てくる年齢なので、このタイミングでゲットできてよかったです。

JISに戻したけど

あまりにもUSキーボードに慣れないので、JISキーボードに戻したのですが
USキーボードの位置にすでに指が慣れ始めてるようで間違ったキーを押し過ぎちゃいます(笑)

うーん、このまま気長にUSキーボードを使い続けて慣れたほうがいいのかね(^_^;)

USキーボードで不便に感じるのは大きく2つあって

・コントロールキーの位置にcaps lockがある

・日本語と英数の切り替えがコマンド+スペースキーが面倒くさい

でも、それ以外はだいぶ慣れてきたようなのでもう少し様子をみようかな

USとJIS

USキーボードに買えてからまだ一ヶ月も経っていませんが、全然なれないですね。

本当に習慣というのはすごいもので指がJIS配列を記憶してるので困ります。

Macは右クリックの代わりにControlキーを押しながらクリックするのが昔からの慣習なので、僕も未だにそれが抜けません。

現在のツルツルマウスになってからは右クリックも標準搭載されてるというのに昔のMacで慣れてる僕はクリックそのものを左じゃなくてマウス全体で押す癖がついてしまっているのです。

つまり右クリック機能を有効にしていると、同時に押したときに右クリックと判断されることが多いので不便なのです

まあ、つまりControlキーを押す機会が多いわけですが、USキーボードだとその位置にCapsLockキーがあるのですよね。

あとは英数とかなキーがないので英数と全角を切り替えるのにもコマンドスペースと二個のキーを押さないとだめでそれも不便です。

最も困っているのがreturnキーの小ささ

JISキーボードの半分以下の面積しかないので良く狙いを外します。
リターンキーなんてめっちゃ押すのに!!

本当にUSキーボードに慣れるのだろうか・・・

USキーボード

Finaleを使いこなすにあたってショートカットキーがUS配列なので、これを機に昔からの憧れであったMacのUSキーボードに替えてみました。

20年間JISだったので、入力をミスりまくる(^_^;)

指が覚えるまで1年くらいかかりそうや。。。


1234567891011

Home >

Feeds

Page Top