Home

STUDIO KENT2.0

「Happy Xmas(war is over)」 ソロウクレレ

ちょい弾きシリーズというソロウクレレ、ソロアコギアレンジをこれから作っていこうと思っています。

【ちょい弾き】とは「何か弾いてよ!」って言われた時に簡単に弾けて、長すぎない曲のことです。初心者でも挑戦しやすいようにアレンジしておりますので、ぜひ弾いてみてください。

タブ譜はyoutubeの動画紹介文からダウンロードできます。

トレーニング再開だぜい

さて、今週からゆるーくゆるくトレーニング再開しました。

今週は3回しかジムにいけなかったですが、それくらいのペースで長くゆるく続けて行けたらなと思います。

おいおい、あの一時期の筋肉筋肉!っていう勢いはどうしたんだよ?と思う人もいるでしょう。

ムキムキは僕の中でのブームは去ったみたいです。。。

これからは6パックを維持しつつ、体脂肪率10%くらいをキープしていけたらと思います。

今週は久々の筋トレ復帰だったので、めっちゃ筋肉痛(^_^;)

ウクレレの独演会の前にトレーニングするんじゃなかったと、それだけは後悔しております><

緊張が半端ない!

演奏家としては致命的なのかもしれませんが、人前でソロ演奏をするとき半端なく緊張してしまいます。

みんな緊張はするのでしょうけど、おそらく僕は半端ない方だと思います。。

原因は単に場数が少ないことと、人に見られているという緊張感が人よりもかなり大きいのだと思います。

バンドのライブだと、お客様の視線が分散されてるのでさほど緊張しないのですが、ソロとなると基本僕にだけ視線が注がれるので緊張も半端ないですよね。

今日は、とあるバーのイベントで主催者の方と一緒にウクレレセッションをして
その後、僕の独奏会をさせてもらいました。

思えば、人前でソロ演奏するって教室の発表会のデモ演奏くらいなので圧倒的に場数が少ないのだなと思いました。

ソロ演奏は好きなので、今後もやっていきたいし、できれば誰かに聞いてもらいたい、見てもらいたいのでこの激しい緊張を、まずは場数をこなすことで軽減できたらなと思いました。

すごく楽しい演奏会だったけど、同時に自分への課題も浮き彫りになりとても充実した一日となりました^_^

ドラマー再び

6月からだいぶ空いてしまいましたがドラマーとしてライブに出演しました。

今回もいろいろなチャレンジがあり、すごく楽しかったです。

足が攣りそうになりながら練習したLUNA SEAのROSIER
歌いながら叩いた斉藤和義のやさしくなりたい、などなど

楽器を練習することが楽しいと純粋に思えるのが幸せですね。

そこになんの打算もなく、仕事の役に立つからとか、ギャラが貰えるからとかじゃなく
ただ単に面白いから練習する。

普段音楽で仕事をしている人間こそ、こうやって純粋に音楽が好きになれる行為をたまにすべきだなあと改めて思いました。

さて、また来年もどっかでライブするぞー

Ecasil Music channel

  • 2019-11-24 (日)

Ecasil Music channelという音楽チャンネルで僕が演奏したアナ雪のLET IT GOのソロギターを取り上げていただきました。

なんか世界のミュージシャンに混じって紹介されてて恐縮です(^_^;)

この曲、人の演奏を参考に半分くらい自分でアレンジしたにも関わらず、難しすぎて
突然弾いてくれと言われても弾けないくらい難曲なのです(笑)

久しぶりに練習してみよっと!


御岳山

友人たちと御岳山に行きました。

御嶽山さんと勘違いしてたので、最初に友人から誘われた時はすげえ本気の登山するんだな、、と思ってました(^_^;)

友人たちの愛犬も一緒に行ったので写真撮りまくってきましたよ。
飼い主の許可はもらっているのでアップします。

ちなみにこの写真はiPhoneではなく一眼レフです。

HDR飽きた

六本木の国立新美術館に日展を見に行くついでに、東京タワーに寄ってもみじ狩りをしました(ドラクエウォークの話です)

40分くらいで目標の50匹狩れましたよ!

そういえば、iPhone11に機種変更してから気になってたんだけど写真を撮ると(特に風景)なんでもかんでもHDR風になってしまうのです。

コントラストがきつくてCGライクな写真は昔は好きで良く自分の写真をHDR風にしてましたが、最近飽きてきてむしろ好きじゃなくなってきたので普通の写真が撮りたいのになあ。

調べてみたらスマートHDRという機能がデフォルトでオンになってるせいらしいです。

オフにして、国立新美術館を撮りました。

こっちのほうが現実に見えてる景色に近いですね!

自分も以前好きだったから否定はしませんけどHDRはCGみたいなので派手で綺麗ですが写真としては魅力を感じなくなりました。

僕の作風も今後変わりそうです。

More...

Home

Feeds

Page Top