Home > Archives > 2020年03月

2020年03月

バージョン3.0へ

この投稿が現在のサイト「STUDIO KENT2.0」の最後の投稿になる予定です。

上京して、作曲家やアレンジャー、ライブ活動もやっていこうと二足どころか三足のわらじくらいに欲張って頑張ってきました。

自分のスキルや性格を考えて、ギターやウクレレを教えることが一番向いているし、やりがいがもてる仕事だと数年前に自覚してから音楽制作の仕事を止めました。

それ以降はレッスン関連のスキルの向上に注力しています。

そういうこともあって、ちょうど良い区切りなのでマルチな活動を目指すべく立ち上げた「STUDIO KENT2.0」にもそろそろ終止符を打って、新しいフェーズに入りたいと思います。

新サイトは現在、鋭意制作中ですので早ければ数日後にはここにリニューアル後のURLを書くことができると思いますので、今後ともご厚意のほどよろしくお願いします。

<4月1日更新>
新サイトはこちら

あんたら鬼か?

志村けんがコロナで倒れ、死んでしまった。

国民の誰もが知ってるような知名度の高い芸能人の死はこれが初めて。

芸能人なので悲しいとかいう感情は湧きませんでしたが、ショックはショックでした。

そして、なによりむかついたのがTwitterとか見てみるとヘビースモーカーだったから死んで当然みたいな意見が書かれていた。

ほんとう顔が見えないことを良いことに、そういうことを平気で言える人間に辟易とします。

人の性根というのは本当に非常事態の時に如実に現れるのでしょうね。

サイトリニューアルに向けて

仕事も激減しているがあまり出歩くこともできないので、いよいよ重い腰をあげてサイトリニューアルをしようと思います。

いろいろ状況が変わってきてるので、レッスンやギターを主体としたサイトにする予定です。

しかしながら、初日からいきなり荒波です。

Movable Typeで運営していたのですが最新版は現在のレンタルサーバでは動かない模様。

広告なしで自分である程度好きにカスタマイズしたいのでWordPressで運営しようと思います。

今日は丸一日その勉強とか実験で終わってしまった。

没頭すると10時間くらい何も食わずMacに向かっちゃうので気がついたら朝でした。
目が痛い(笑)

ZOOM

ZOOMと聞くとミュージシャンならエフェクターのメーカーをイメージします。

でも、昨今話題のZOOMはビデオ会議システムのことです。

音の遅延が少ない、画質が綺麗と評判なので、オンラインレッスンでskypeより良いのではないかと思い、早速実験しました。

結果としては、やはり同時にセッション演奏することは無理なようです。

そしてギターをかき鳴らすと少し音が途切れたりするのもskypeとほぼ一緒ですね。

なのでskypeより劇的に良いわけではないですが、相手にアカウントを作ってもらわなくてもすぐに始められるので敷居の低さではZOOMに軍配があがります。

おそらくオンラインレッスンはZOOMメインに展開していくと思います。

買い占めする人を非難できるのか?

スーパーでの買い占めに対する非難の声がSNS上で数多くみられるようになりました。

もちろん僕もそれを見て、なんだかなあっていう気持ちはあります。
だけど非難する気持ちにまではなれない。

ものすごい極論かもしれませんが、僕はゴキブリがとても嫌いだし、それに対する恐怖心も半端ないです。

毒があったり、噛み付いてきたりしないのはわかっています、一切自分には危害を加えてこないのはわかってるんですが、本能からくるような恐怖心があるのです。

人間が高いところに立つと、落ちて死ぬかもという恐怖心に近いかもしれません。

買い占めする人って、そういう人なんじゃないですか?

ニュースとかみて、食べ物が買えなくなって餓死の危機に晒されるんじゃないだろうか?という死への恐怖。

その恐怖から買い占めをしないと居ても立ってもいられないくらい不安なのかもしれません。

そういう恐怖が少ない人からしたら、理解は全くできないし、ただただ不快な行動に感じるでしょう。

僕が路上でゴキブリに出くわした時、ものすごいビビるし、時には声が出てしまうこともあります。知らない人の前でもそういう感じです。

そして、とっさにすごい勢いで飛び退いてしまうので、周囲にいる人にぶつかったりして危険かもしれません、それでも怖いものは怖いのです。

ゴキブリに恐怖を感じない人はその行動を見て、バカだ、ビビりすぎだと罵るかもしれません。

でも、僕からしたら怖いものは怖いから仕方がないとしか言えないのです。

まあ、極論と言われるだろうし、僕も極論と思って言ってます。

何が言いたいかと言うと、ただでさえみんなイライラしてるのだから、もうそういう人たちのことはほっといて、いちいちSNSに文句書かないで良いんじゃないかってことです。
自分の価値観から外れる行為に対して、攻撃しすぎなんじゃないかなあ。

負の感情は負の感情を呼びます。

こんな時期だからこそ、なるべく明るい話題で勇気づけられたいですね!

遠巻きに花見

井の頭公園に花見に行きました。

って今書くと、ひんしゅくですか?

花見といっても、もちろん宴会とかではなく遠巻きに眺めてきただけです。

マスク着用、アルコール消毒スプレー携帯という準備をした上で見に行きました。

って、いちいちこういうことまで書かないといけない状況なんですよね。。。

ブルーシートで宴会する人を遠目に眺めながら、桜はとても綺麗だったよ。

でも、僕はブルーシートで宴会をしてる人を咎める気持ちにはならなかった。

みんな溜まってるんですよね、いろいろ

何が善で、何が悪かなんて僕なんかには決められない。

僕は僕で、できるだけの対策をしてこの騒動が収まるのを見守りたいと思います。


和牛商品券がどうのって話

SNSを見てると、政府が現金支給の代わりに和牛商品券の配布を検討しているといった情報に対しての苦言をよく見かけます。

Facebookなんかだと麻生さんが国会で答弁してるかのような写真と共に記事がシェアされているので麻生さんが言ったみたいに思っちゃってる人もいるのではないでしょうかね。

僕が昔からブログで何度も言ってきた「まずソースを確認してからシェアしよう」というのはなかなかハードルが高いのですかね。

この情報が限りなくデマに近い話、もしくは内輪での話がものすごく大げさに表現されてしまったというは少しネットを検索すれば一般人にもわかることです。

ネット情報の取扱い方をもっともっと国民に周知させたほうが良いかと思います。

もちろん、ネットで検索した情報が間違ってることもあります。

しかしながら、ネット情報に対してまず「本当なのか?」と思うことで一回ストッパーがかかるので軽率なシェアは減ると思います。

(追記)
どうやらテレビの報道番組でも誇大に解釈させるような内容の報道があったらしいです。
報道番組でも取り上げられたらさすがに信じてしまうのは仕方がないかもですね。

Bridgeの解釈

ミュージシャンが使う用語に「Bridge」という言葉があります。

みなさんはどういう意味で使っているでしょうか?

僕はヤマハの講師でもあるので、ヤマハが昔発行していたマスターリズム譜には歌と歌の間の短いつなぎ部分にBridgeと書かれていたので僕はそういう解釈です。

でもJPOPを作ってる作曲家だとBridgeといえば最後のサビ前の大サビ(Dメロとも呼ばれる)を指す時に使う人も多いみたい。

あと調べてみたら洋楽だと基本的にはVerseとChorusと言う2つのメロパターンで出来てる曲が多いのだけど邦楽で言ういわゆるBメロの部分を入れる時にBridgeという言葉を使うみたいです。

という感じで、僕が知るだけでも3つの意味があります。

そりゃ混乱するわな(笑)

まとめておきます。

【歌がない短いつなぎ部分】
日本「Bridge」=英語圏「Vamp」

【大サビ(Dメロのこと)】
邦楽作曲家が使うことが多い

【洋楽でのBメロのこと】
Verse - Bridge - Chorusとなる
Pre Chorusと言う外人も多いみたいです

修行の日々

教室でのレッスン業がお休み中で、お金を使わず身になることといえば

そうです、練習しかないですね!

というわけで、ここ数年で一番練習に時間を使える良い機会だと思い、毎日ギターやらなんやら練習に集中しております。

そしてずっと自粛していたスポーツジムも、いい加減行きたいので人が少ない時間帯を狙って行ってみました。

こんなご時世なので一応書いておきますが、ストレッチマットは体液がたくさん付いてる可能性があるので使用せず。

筋トレ器具も使い終わったら、器具はもちろん自分の手もアルコール消毒というケアをしつつのトレーニング再開です。

僕が通うジムは結構なスペースもありますので比較的安心です。

それにしても、本当筋力が落ちすぎてやばい。

今はなるべくジムに行く機会は減らしたいので自宅トレーニングを交えて再びトレーニング再開しようと思います。

東京のお好み焼き

反省します。

東京のお好み焼きも美味しいです!

関西人あるあるなのですが、東京のお好み焼きは美味しくないという先入観があり、そもそも東京でお好み焼きを食べようという気にならないです。

僕も例に漏れずそうだったのですが、なんかどうしてもお好み焼きが食べたくなり検索して近所のお好み焼き屋さんに行きました。

結論、旨いです(笑)

まあ行った店がたまたま当たりだったのかもですけどね!

ハラミの塊肉もすごい美味しかった。

レッスンがないことを幸いにニンニク食べまくりです。


ワイヤレスヘッドフォンの限界

以前、自宅でのギター練習にワイヤレスシステムを導入して以来ずっと考えてきたのが完全ワイヤレス化。

今はギターはワイヤレスだけどヘッドフォンは有線なのです。

だから結局、自由に動けないのでなんとかヘッドフォンもワイヤレスにしたいなと思っていました。

昨年発売され話題になったBOSSのWAZA-AIRを買えば解決なのですが、結構な高額なので一般的なワイヤレスヘッドフォンで最も遅延が少ないという某ヘッドフォンを買いました。

現在Bluetoothで遅延が最も少ないのはaptX LLという規格に対応したものです。

ネットで調べると、まじで遅延ゼロ!とか書かれてたので期待して買ってみたのですが、結果としてギター演奏には全然使えませんでした。

事前の調べて40msecの遅延ってわかってたんですけど、ついつい遅延ゼロっていう評判に乗せられて買ってしまいましたが(^_^;)

よくよく考えたら、大昔ソフトシンセ黎明期のころレイテンシーが20msec以上あるとまともに演奏できなかったのを思い出しました。

20msecでもそれだから40msecもあればそりゃ無理か(^_^;)

というわけで、無駄な買い物になっちゃって凹みまくりです。。

惡の華

ヒッキー生活が続くと漫画読む時間が長くなります。

インパクトのある表紙画に魅入られて読み始めましたが、その世界に引き込まれてしまいました。

かなり意味不明な内容ですが、絵がかなりの好みだったせいもあり読破。

すごく面白かったので、同じ作者の他の作品もちょい試し読みしてみましたが、作品によって絵が全然違うんですね!

映像化される作品が多いことからやはりその世界観に引き込まれる人が多いみたいです。

一番絵が好きなのは惡の華だけど、他の作品も読んでみよっかな!

結局親指だけ

右手の爪を伸ばすのを諦めたと書きましたが、やはり親指だけは伸ばしてみることにしました。

理由はベースを弾く時に影響がないからです。

いろんなギタリストのネットでの意見を聞くと親指だけ伸ばしてる人は結構多いみたいです。

星野源なんかもそうみたいですね。

僕はフィンガーピッキングの時のベースの音をくっきり鳴らしたいのが一番の目的なので、ベースコートだけでグラスネイルはしないでいようと思います。

グラスネイルまですると、見た目のインパクトも跳ね上がるので実生活でドキっとされることも増えるでしょうからね。

ストロークで親指爪を使わないなら、たぶんベースコートだけで十分なはず。

というわけで、もうしばらく親指を伸ばしてみます。

コロナウイルス対策の一環として!

自宅からあまり出ないようにという要請を受けてるので、自宅でドラクエウォークが楽しめるようにメガモンを寄せてやりました。

ドラクエウォークやってる人にしかわからないネタですけど(笑)

500メートル離れたメガモンを自宅から戦闘に入れるギリギリの距離まで寄せました。
クエスト13回読み込む必要がありますが、家から一歩も出ないで戦えます。

13回読み込む時間に4分くらいかかりますが、現地まで行って戻ってくるのに早歩きで行っても10分かかるし、なんといっても出かける支度をせずに家でゴロゴロしながら戦えるのだからすごい楽です。

コロナ自粛期間はこれでメガモンたくさん狩るぞー

<ビフォー>

<アフター>

MIDIレコーディング

今日は昨日レコーディングしたバッキングトラックにピアノをかぶせる作業。

ピアノはMIDIレコーディングなのでうちのスタジオでやりました。

とはいえ、せっかくリズム隊が生バンドなのでピアノも極力生に近いニュアンス重視でいきました。

演奏はもちろん手弾きです。(ちなみに当たり前ですが演者は僕じゃないです)

僕が使ってる音源Pianoteqは物理モデリングで、ハンマーの硬さや打弦位置、弦の長さやボードの性質、ダンパーの位置や倍音の量などを調整できるのが特徴で、さらにマイクの種類までシミュレーションすることができるとても自由度の高い音源です。

音楽制作者の間でも評判の良い音源です。

ちゃんとピアノが弾ける人が鳴らすとかなり生っぽいです!

てなわけで、無事にピアノ入れも終わりました。

生バンドレコーディング

本日のレコーディング現場
激レアなギターアンプを使わせてもらった!
Two Rockのアンプ初めて生で音出せました♪


真の恐怖とは

新型コロナウイルス感染症対策ということで、ヤマノミュージックサロンのレッスンが3月11日まで休講となっておりましたが、さらに延長され再開日未定となってしまいました。

具体的な再開予定日など僕も全くわからない状況です。

そして休講期間が長過ぎるため補講対応もなくなりましたので、生徒さんのレッスン回数も減りますし、講師の報酬もなくなります。

給与所得者や不労所得者と違い、仕事が飛ぶ=収入がない、という業種ですのでなかなかの打撃ですね。

コロナウイルスは肺炎を引き起こし、命を奪う恐怖より、副次的な要因で人から仕事を奪い、食えなくなる人を多数生むとい恐怖の方が実は大きいのではないかと思います。

音楽なんて生活必需品じゃないので仕方がないという人も多いでしょう。

僕自身もその覚悟で敢えて音楽を生業にしています。

お金持ちになることが目的ではなく、自分が一番やりがいが持てる仕事だから稼げなくてもずっと続けられるのです。(もちろん稼げるに越したことはないですw)

だから、今回の措置も仕方がないとは思っていますよ。

いつも思うんですが、こういう時に決まって首相が叩かれますよね。

何をしても絶対に一定数から叩かれる首相というのは本当に辛い仕事だと思います。

何度も何度もブログで書いてますが、僕は1億円くらい年収をもらっても総理大臣にはなりたくないです。だって本人は良かれと思ってしてることでも、必ずいちゃもんつけられて、ボロカスに叩かれるんですもの。

強靭なメンタルがないと務まらないすごい仕事だと思います。

もちろん安倍さんの政策が正解かどうかなんて僕にはわかりませんし、そもそも正解の政策なんてあるのでしょうか?

誰かを立てれば、必ず誰かを貶めるわけです。

そして貶められる人は批判する。

僕らミュージシャンからしたら、ライブ自粛とかレッスン自粛とかされて死活問題ではありますが、それをしなければどんどん感染が拡大しちゃうかもしれないんでしょ?
でも、それって本当にそうなるかなんて誰にも確証はないわけだから、そんな未知の事態に批判覚悟で判断を下す勇気を僕は尊重したいです。

別に安倍さんが好きなわけではないし支持してるわけでもないです、首相という人間が誰であっても、おそらく日本で一番重圧に耐えないといけない立場の人を僕は軽率には悪く言えないだけです。

ですので、自分で選んだ音楽家という選択は自分で責任を持ってなんとかしていこうと思います。みんな頑張って乗り切っていこう!

爪伸ばし断念。。。

ウクレレ演奏にさらに幅をもたせたいので1ヶ月くらい右手の爪を伸ばしてきました。

ようやく指の腹から見て爪が1.5ミリくらい伸びてきたので爪で弾く感覚を生まれて初めて味わえてウキウキ練習をしてたんですよ。

今まで弾けなかったスタイルの演奏もできるようになったしね。

せっかくなので爪が割れないようにコーティング剤も塗って、ピカピカに磨いて、一般人が見たら一瞬ドキっとするような派手な爪になってきました。

もはやピアノの練習は爪がカチカチ当たってすごく気持ち悪いです(笑)

それでも、なんとか弾けないこともないからまあ良いか、今回は頑張って伸ばそうって思ってたんですよ。

そんな今日、バンドレッスンでやる予定のおしゃれフリークのベースがすごくカッコいいので、僕も弾いてみようと思いベースを手にとってみたら・・・

やばいくらいに爪が邪魔(笑)

完全にベースを弾くことを忘れてました。

ここ最近レッスンもなかったのでしばらくベースも弾いてなかったので完全に忘れていましたよ。

ベースを指弾きする人は右手の爪は絶対伸ばしてはいけません。下手したら爪が剥がれます。

どうしても右手の爪を伸ばす必要がありベースも弾く必要があるならベースをピック弾きオンリーでやれば良いかもしれませんが、僕の好きなベースはやはりフィンガー弾きです。

松井常松なら良かったのにな(笑)

というわけで、爪を伸ばすのは断念。

というか、ベースを弾く必要が今後もあるので、もう右手の爪を伸ばすことはこの先ないと思います。

息抜きセッション

自粛自粛で息がつまりそうなので、息抜きにジャムセッションに行きました。

今月やる予定だったイベントをキャンセルしてしまったライブハウスへのささやかな応援の気持ちもありますが、純粋に人との演奏を欲していた自分が居たわけです。

だけど、今日は思い切って去年かなり練習したドラムの成果を試したくてドラマーとして参加しました。

もちろん上手には叩けませんでしたが、曲が破綻しなくらいのレベルでは叩けたかな!

何よりすごく楽しかった!

来てるお客さんもすごく暖かくて、居心地がいい空間でした。

友人に言われたのですが、息抜きの選択肢としてセッションを選ぶなんて、本当に音楽が好きなんだなって。

そうだね、やっぱり僕は音楽の人。

一番楽しいのはやはり音楽だ(^^)

銭ゲバ

ジョージ秋山の代表作でもあり問題作とも言われる「銭ゲバ」
なんと全巻無料で電子書籍が読めるようになってたので早速読んでみました。

いやあ70年代の漫画はやはりインパクト強いし、表現がストレートですね!

極度の貧困だったため、お金がなくて医者に見放され母親が死んでしまったせいとは言え、金の亡者となってしまった主人公。

そして、あまりにも唐突なエンディング。

賛否両論ある漫画なんだと想像できますが、僕は興味深く最後まで読むことが出来ました。

金に取り憑かれて、人間の尊厳を無くしてしまった人を僕も実生活の中で何度か目の当たりにしてきました。でもこの漫画を読むと銭ゲバには銭ゲバなりにいろんな辛い経験がありそうならざるを得なかった人もいるのでしょうね。

そういえば「銭ゲバ」って言葉、ずっと昔から「金のためなら何でもする奴」という意味で使われてるのだと思ったら、この漫画が語源だったんですね。それは知らなかった!

そしてドラマ化もされていたみたいですが主演が松山ケンイチって(笑)
ダメでしょ蒲郡風太郎役にイケメン俳優使っちゃ!!
原作読んだ事ある人は絶対ドラマに入り込めないはず(^_^;)

原作では片目に生まれつき傷があって容姿は醜悪、社長になってからは肥満体という設定なんですよ。さすがに松山ケンイチはダメでしょ。。


オンラインの現実

オンラインレッスン開講に向けて、いろいろ準備をしています

友人協力のもと模擬レッスンをしてみましたが、やれることとやれないことがだいぶはっきりと分かってきました。

メリット・デメリットをはっきりと提示した上でサービスを提供したいので、誇大広告にならないようもう少し試運転を重ねてから始めようと思います。

根性根性ど根性

雨降ってたせいか世田谷の住宅街なのにでっかいカエル発見!
季節はずれじゃね?(笑)

写真だと小さく見えますが、子供の足の裏くらいの大きさはあります。

注意)クリックするとカエルの写真が拡大されます。

はじめての爪ケア

ウクレレ演奏のために右手の爪を伸ばしています。

結構伸びてきたので、そろそろケアしたほうが良いかなと思い、以前モニターとして頂いたkainaさんの爪ケア商品を試してみました。

ハーブのいい匂いがするし明らかに爪に良さそうな感じです。

潤いと艶を与えてくれるので爪の見栄えも良くなります。

これはしばらく使い続けてみよう!

ZOZOMAT

無料だったので予約してましたが、すっかり忘れたころに届きました。

足の詳細サイズがわかるマットです。

早速測ってみましたよ。

数年前にアシックスの高性能な機器で測定してもらった記録とかなり近いです。
足なんて測る時間によって数ミリ単位でサイズ変わるからほぼ一緒の結果と言っても良いですね。

すごいね!スマホで写真撮るだけなのにね。

ナッシュビルチューニング

某レコーディングでアコギのみの曲があり、ギター人生初のナッシュビルチューニングを試そうと思い、12弦ギターの弦を購入しました。

12弦ギターの複弦のみを張って3−6弦までを1オクターブ高くチューニングする特殊なチューニングです。

オープンチューニングと違ってコードの押さえ方などは変わらず、単純に低い音がなくなってキラキラしたサウンドになります。

アイリッシュ音楽なんかにすごく合いそうな透き通ったきれいな音で病みつきになりそうです。

ちなみに後で知ったのですが、わざわざ12弦ギターのセット弦を買わなくても、ナッシュビルチューニング用のセット弦が売ってるそうです。

12弦のセット弦を買うと複弦しか使わないので6本余るんですよね。
普通のチューニング用として使って二度美味しいという話もありますが、普通のチューニング用として張るには弦が細いんですよ全体的に。。。だから僕の場合捨てるしかない。
もったいないことをしました(笑)

アホいうやつがアホや

子供の頃、良く聞いたセリフ

「アホいうやつがアホや」

トイレットペーパーの買い占めなどでSNS上では、買い占め行為に対して激しい非難が挙がっています。

うん気持ちはわかります。

だけど、買い占めするやつ馬鹿、アホとか罵ったところで何が変わるんだろう?
自分は買い占めなんかしないカシコですよ。と言いたいのかな?

明らかに買い占めしている勢は状況判断能力や情報収集力が足りない人たちです。
そして生活必需品がなくなるという恐怖に押しつぶされそうになって不安で仕方がない人たちです。

そんな人達をやり玉にあげて馬鹿にすることになにか意味があるのでしょうか。

買い占めした人はアホって言われても、別に反省なんかしないですよ。
自分がアホだとも思ってないし悪いことをしたとも思ってないですから。

そもそもパニックになってるわけですから正しい判断なんてできていないのです。

人は不安になるとそういう行動を起こします。

例えば、お金がなくて不安になれば
他人はどうなってもいいから自分だけはお金を確保したい。
そしてそれが悪いことだとも思わない。申し訳ないなんて思わないのです。

不安に対する耐性がないのでしょうね。

だからといって、そういうやつをアホとか馬鹿とか言うと、同じレベルにまで堕ちちゃう気がして僕はよう言えませんわ。

レコーディングのリハ

とあるレコーディング案件で生バンドでアルバムを作るプロジェクトに参加します。

今日はそのバンドリハーサル。アレンジなんかの打ち合わせを兼ねてね。

打ち込み系のレコーディングがほとんどなので久しぶりの生バンドレコーディング楽しみです。

リハの後にみんなでサイゼリヤで飯食ったけど、激混みでしたね。

コロナ騒動でもサイゼリヤは暇知らず!やはり庶民の味方のお店は強いね。

ピアノをまた頑張ってみる

何度も何度も挫折しているピアノ。

コロナ騒動で休みになったからというわけではなく、もともと3月になったら練習を始めようと心に決めていたので遅くなったけど今日から練習開始。

基礎練習なんてつまらないので、1曲をとことん練習してちゃんと弾けるようにする練習方法です。

課題曲は内緒ですが、僕の大好きな大好きな曲です。

今日は練習楽しかったけど、いつまでモチベが維持できるかが不安。

というか、ウクレレのために今右手の爪を伸ばしてる最中なんですが、それがカチカチと鍵盤に当たってすでに爪が超うっとおしいです(笑)

でも、爪がある方が明らかにウクレレの音がクリアになるのでもうちょい我慢してみよう。

下田の風景

昨日は雨からの曇りでしたが、今日は快晴。写真日和でした。

posted by (C)studiokent

下田温泉

仕事が飛んだから突発的に下田温泉に来ました。

平日で、さらにコロナ騒動中ということもあってガラガラでした。

人口が密集していないこの地域の方たちは、コロナなどどこ吹く風という感じで平和でしたよ。(ホテルの方はもちろんマスクなど対策されていましたが)

河津桜は残念ながら来るのが少し遅かったので、もう葉桜でした(^_^;)

卒業

4年以上やり続けた三国志のオンラインゲームをついに完全引退しました。

その前にやっていた三国志オンラインゲームを入れると実に10年近くオンラインゲームをやっていたことになる。ていうかどんだけ三国志ゲーム好きやねんって話ですね(笑)

ゲームは趣味だから費やした時間に後悔はありませんが、我ながらすごいなと思います。

それと同時に夢中になれる原動力はやはり好きであるということと、ある程度承認欲求を満たせる環境であるということが大切だとわかりました。

つまり好きなゲームで、なおかつゲーム内で活躍できているから長いこと継続できたわけです。

これって実生活でも同じじゃないかな?

ギターがウクレレが音楽が大好きで、ある程度は認められる地位にいられる今の仕事が大好きで辞める気がないのはそういう事なのかもしれません。

とりあえず、オンラインゲームはもうこれで卒業にしようと思います。
と言いつつドラクエウォークも一応オンラインゲームと言えばそうだけど、チャットとかそういうのはできないしチームプレイもないので純粋に息抜きでできますしね。(といいつつ若干ガチ勢と呼ばれているが、、)

Home > Archives > 2020年03月

Feeds

Page Top