Home >

日記

意外と知られていない事実

こないだもPaypayなどのスマホ決済を意外とみんな使っていないという話を書きました。

たまたま、親しい人の間で当たり前だったり、自分が興味があるから当たり前のように知ってたり使ってたりすることを、いざみんなに聞くと知らなかったりということが結構多い。

別に自分が物知りだとか、合理的に生きられてるとかっていう自慢ではなく、みんな意外とそんなにものを調べたりしないんだなって思うわけです。

たとえば自分が花粉症になった場合、なんとかして治そうと最も簡単にたくさんの情報を得られるネットをしらみつぶしに調べまくります。

その結果、舌下免疫療法というのを知り、実際に治療していますが、僕は効果ありみたいで、花粉症の症状がほとんど出なくなってきました。

つまり、調べたおかげで舌下免疫療法という治療法を知り、なおかつそのおかげで花粉症の症状も軽減されるという良いこと尽くめなのです。

花粉症辛い!って話をする方に、僕は決まって舌下免疫療法の話をするのですが、だいたい8割くらいの確率で知らない人がいます。

知ったとしても、胡散臭いからやらないって人も多いのかもしれませんけど、知らない人がこれほどに多いのが驚きでした。

少しだけ本気で調べたら、いろいろ得する情報があるので、調べないと損!って思っちゃうのは僕だけでしょうか(^_^;)

とりあえず、僕のブログを読んでる方は、しつこいくらい舌下免疫療法って見てると思うのでもうええっちゅうねん!って感じかもしれませんがね(^_^;)

お返しも楽しいのよ♪

いい年こいても、講師なんて職業をやってるのでバレンタインデーにチョコを貰える機会がおそらく普通の人よりは多いと思います。

近年、バレンタイデーの義理チョコを禁止する会社もあるくらい、社会ではあげるのをやめましょうな風潮になってきていますが、実に寂しいことです(笑)

甘いものが世界で一番大好きな僕には天国のような日なのに。。。

その風潮と同様に、毎年貰える義理チョコも激減してるわけですが、今でも少しは貰えて喜んでおります。

もらったチョコはよほどの事情がない限り、ホワイトデーのお返しをします。

だいたい、僕が返すとみなさん口を揃えて

「逆に気を遣わせてすみません!」とおっしゃるのですが

まじで、気にしないでください!って言いたくなります。

デパ地下のスイーツコーナーが大好きなので、お返しを選ぶ時間が至福の時間でもあり、この人はこれが好きそうだな?とか想像して買うのも楽しみの一つなんです。

僕が気を遣って、仕方がなく返してると思われると、その人は来年から気を遣って、チョコをくれなくなりますよね!?

それが一番残念なのです><

声を大にしていいます。バレンタイデー義理チョコ大歓迎です(笑)

というわけで、先日ホワイトデーのお返しをまとめて買いに行ったのですが、当たり前のように自分用のチョコもたくさん買ってしまうという始末。

おかげで、唇の横にめっちゃでっかい吹き出物が><

桜中軽音部ライブ@神田 昭和

今年初めてのライブでした。

今回の新曲はグローヴァー・ワシントン・ジュニアのJust the two of usです。

まあ、セッション曲なので新曲といっていいかわかりませんが(笑)

そして、久々にコーラスチャレンジということでEnglishman in NYでハモリをやりました、これは我ながらなかなか上手くいったかも(^^)

狭い会場だった上に、超満員で来てくださったお客様にはいろいろご不便をおかけしたと思います、申し訳ない。。

でも、見に来てくださるお客様には本当にいつも感謝感謝です!


できる時とできない時の差

ドラム練習中の曲の中のパターンで、上手く叩けるときは難なく叩けるのに、なぜか突然沼にハマるときがあって、そうなるとどうやっても叩けなくなることがあります。

これってなんなんだろう?

ただ単に、練習不足ならわかるんですが、叩けるときはめちゃくちゃ楽に簡単に叩けるんですよね。

それが突然、振り出しに戻ったかのように叩けなくなる。

ギターではまずあり得ない症状なので困惑しております。

一旦、めちゃくちゃ遅いスピードに落として徐々に上げていっても、叩けない沼にハマったときは一定のテンポを超えるとやはり叩けなくなります。

謎です・・・

しつこいですが「楽しい」が大切

現時点で夢中になれてるドラムと2年間ずっと継続できている筋トレ。

共通して言えるのはどっちもやっていて「楽しい」があることです。

◯◯やりたいけど、続かない、、、

とかってのは「楽しくない」からなんだと思います。

根気がないからとか、才能がないからとは無関係なのだと思います。

もちろん「楽しい」で継続して、その結果、成長が見られるとは限りません。

僕の筋トレと同じように2年もやってるのに対して成長していませんからね(^_^;)

でも、成長度が速くないから「楽しくない」とは限りません。

上達しないのにやっても無駄とかっていう価値観はつまらないなって思います。

人生を豊かにするのは「楽しさ」
僕はそう思います。

僕のレッスンは生徒さんの「楽しさ」を最大限に盛り上げてあげることを第一にやっていこうと改めて思いましたよ。

舌下免疫療法その後

レッスンにいらっしゃる生徒さんにもマスク着用の方が多く見られる季節になってきました。

僕はと言いますと2年前から舌下免疫療法のスギ花粉治療をしています。
ちなみに3年前からダニアレルギーの治療もしています。

2年の舌下免疫療法の効果はといいますと、とりあえず今日の時点で全く花粉症の症状はでておりません。

治療前ですと、だいたい3月にはいる前からちょっと症状は出てたんですけどね

過去ログを見ると3年前の2月末には花粉症がひどくて辛いって書いてますね(笑)

こういう時毎日ブログ書いてると便利ですね、記録が残ってて(^^)

できる人はなんでもできる

ドラムを最近夢中になって練習しています。

今日のバンドコースが始まる前に時間があったのでドラムを練習していたら生徒さんから

「先生はなんでもできるんですね!」って言われました。

もちろん、ご本人は冗談じゃなく本気で褒めてくれてるので、素直にありがたいなって思うのですが

正直、恥ずかしさの方が大きいです(^_^;)

僕はギターですら怪しいレベルだと思ってるのに、ましてやベースやドラムなんてのは上手く演奏できてる自信などは全くないのです。

そういえば以前、レッスン中にピアノの方がいなくて僕がピアノのコード演奏だけをしたことがあるのですが、それを見てピアノを弾ける人だと思ってる方もいるみたいです。

弾けてる風に振る舞う才能はあるのかもしれません(笑)

隠さずいうと、ピアノは依然として全く弾けないです。
管楽器も全く吹けないです。

弾けてますってギリギリ自信をもって言える楽器はギターとウクレレのみ

なので、せめてドラムだけはそのレベルにまではなりたいですねー
いませっかく練習も楽しめてるので!

余談ですが、今日ジムでランニングしながらKenKenとハマ・オカモトのセッションを見てたんですがKenKenがドラム上手いこと上手いこと(笑)

まあ、そりゃサラブレッドドラマーの息子ですけども!

なんでもできる元祖的な人で一番有名なのはポール・マッカトニーですかね?

ベースはもちろん、ギター、ピアノ、ドラム、歌
どれもめちゃくちゃ上手です。

爪の垢煎じて飲ませてくれー(笑)

1234567891011

Home >

Feeds

Page Top