Home >

日記

お金をかけるもの

昨日のWAVES投げ売りの記事でふと思ったのです。

僕はそんなに倹約家ではないのですが、今まで何にお金を使ってきたのだろうと思い返してみました。

大阪にいた頃はデザイナーズ家具とかデザイナーズ雑貨とかにハマっていて、そういったものにお金をつぎ込んでました。

30歳をすぎて東京に来てすぐの頃は仕事もなく、倹約せざるを得なかったのであまり買い物はできませんでした。

仕事も増えてきて、特に音楽制作の方が波に乗ってきた感じだったので音楽制作の機材やソフトにかなりお金を注ぎ込みました。まあこれは趣味ではなく仕事の経費ではあるのですけど。

そしてカメラを趣味としてやるようになってからはカメラ関連にお金を使いました。

今は、トレーニング用品と洋服にお金をかけています。

なんか、こんな風にかくと浪費自慢みたいですが、子供もいないし気ままな生活なので、自分にお金をかけるくらいしかお金を使う機会があまりないから許してください。

何が言いたかったかというと、ずっと一貫してお金をかけ続けてるものって全くないなあってことです。

興味が数年単位で変わっています。

今のトレーニングとか洋服も数年後には興味なくなってるのかな〜?

4:44を見る現象的な?

今日からバンドコースの曲が更新されました。

初級「Separate ways」
中級「スローモーション」「JAM」

新規生徒さんも数人増えて、ますます盛況を見せるバンドコースです。

そういえば、先日のジェフ・ポーカロトリビュートの終演後BGMが「Separate ways」だったり
今日の月曜から夜ふかしを見てるとBGMが「スローモーション」だったり

すごい偶然!!

これはふと時計をみたら4:44だった現象に近いですね。

この現象って何か名前ついてないのかな?(笑)

なぜ本人同士で話合わないのか

例の体操コーチのパワハラ問題が連日報道されています、若干食傷気味な方も多いのではないでしょうか?

この手の話って今までも何度も何度もありますよね。

いつも思うんですよ。

本人たちが全員で集まって話し合いすればいいのにって。

そりゃなんらかの事情があってそうできないから、それぞれのアングルからでしか意見を言わないのでしょうけど、とっとと当事者全員集めて話し合いして、それをテレビで流せば誰が嘘を言ってるのか、もしくは嘘を言っていないとすれば何が問題なのか浮き彫りになると思うんですよね。

どうしても、今の現状だと大きな組織の方が何かを隠蔽してると思われちゃいますよね。

普通の感覚だとそう思うはずです。

大きく力をもった組織の方が嘘を言っていて、小さな勢力の方は誠実に本当のことを言っていると。

なので、本当に隠蔽がないならとっとと全員で集まって話し合って、お互い悪かったね!ごめんなさい!で早く済ませて欲しいです。毎日毎日この話題ばかりで鬱陶しいからね^^

夏らしいこと

うーむ気がついたら9月になっているではないか。

夏らしいこと一個もしてないなあ(^_^;)

まあ年中季節感のあるイベントなんてめったにしないのですが、現代の日本の夏は狂気なほど暑い。

わざわざそんな暑い中、汗だくになってまで夏らしいことをしたいと思わなくなってきたのでしょうね。

でも、せめて涼しい部屋でかき氷くらいは食べたら良かったかな〜

9月といってもまだまだ暑いので暑いうちにかき氷食べよう!

どうして筋肉はバカにされるのか考察

僕くらいのライトな筋トレ趣味の人はそこまでではないですがガチのボディービルダーは筋トレに興味のない人からはバカにされる対象になることがしばしばあるようです。

実際、僕が過去にそうでしたから。

人が一生懸命に頑張っている趣味をどうしてバカにするのか?

趣味はいろいろあります。

仕事の次に、もしくは仕事と同等くらい、さらには仕事以上に趣味に没頭する人もいますよね。

バイクが好きすぎて何百万も費やしてレースにまで出ちゃう人
釣りが好きすぎて自分で船を買っちゃうまでになる人
ラーメンを食べ歩いて年間1000食くらい食べちゃう人
お城が好きすぎて世界中のお城を巡る旅をしちゃう人
自撮りが好きすぎて毎日自撮りをSNSにアップしちゃう人
筋トレが好きすぎて、ついにはコンテストにまででちゃう人

いくつか挙げましたが、なぜだか最後の2つはバカにされる対象になることがあるようです。

他の趣味の人と没頭の度合いや他人に迷惑をかけていない度合いも変わらないのにどうしてか

まず僕が思うに、最後の2つは対象が自分だからでしょう。

自撮りなんかは最も顕著な例で、自分そのものを見てほしいからアップするし、そのためには自分を過剰に盛ることも必要になります。

筋トレの場合は裸に近い写真を掲載したり、これも自分を見て欲しいということになります。

どうも自分を見て欲しいという気持ちそのものがバカにされちゃう対象になってしまうようです。

ナルシスト=恥ずかしい

こういう意識を持った人がたくさんいるのでしょうね。

美意識は人それぞれの一言で済ませられる話ではあるのですが、もうちょっと自分の価値観以外の価値観に寛容になっても良いのではないでしょうか?

一生懸命に何かを頑張ってる人、そしてそのことが直接あなたに迷惑をかけていないなら、応援してあげましょうとまでは言いません。そっとしておいてあげましょうよ。

陰口でバカにするほうがかっこ悪い行為ですよ。

気難しい人?

僕はどうも「気難しい人」と思われることが少なからずあるみたいです。

仲良くなった人が「最初は怖い人だと思ってました」とか

仲の良い人から「他の人は君のこと気難しい人って言うけど、私はそうは思わないよ」とか

僕の知らないところで勝手に「気難しい人」のイメージを持たれているみたいです。

半分当たってるし、半分は当たっていない。

根っこの性格で言うと非常に穏やかな部類だと思います。自分でも言うもあれですが!

だけど、結構な人見知りなので、まだ腹を割って話していない人とはどう接して良いのかわからなくてあまり自分から話しかけたり絡んだりしないので、それが冷たいイメージを持たせるのかもしれませんね。

あとは思ったことをはっきり言ってしまうことが多くて、それで意見が衝突してしまうこととかも過去に経験があるので、僕が知らない間に空気の読めない発言をする人とかって思われている可能性もあります。

まあ付き合いの薄い人からは、勝手にいろんなイメージを持たれるのは仕方がありませんが、僕が仲良くしたいなって思う人とはちゃんと腹を割って話て、本当の僕の姿を見て欲しいなって思いますよ。

本当の姿を見た上で、仲良くなれないならそれはそれで仕方がないって思えますけどね〜

もういい加減電話だけの連絡手段は時代錯誤

水回りの修繕の依頼を某業者にお願いしてるのですが、とにかく連絡がうまく噛み合わなくて不便を感じます。

こちらから連絡したら、担当者がいま作業中だから折り返します。

折返しの電話がある時は僕が電話に出られない。

留守電は残してくれるけど「またご連絡します」だし

ただ一つの情報を伝えるのにこんな不毛なやり取りって、どっちにもメリットないですよね。

メールも最近は迷惑メールフィルタなどで不通の可能性があるから、なかなか使いづらいのもわかるけど電話番号がわかるならショートメッセージサービスは使えるはずです。

SMSで伝えるべき情報を文章で送っておけば、その一度の手間で済む話なのにどうして導入しないのだろう。

電話ってかかってくるのをずっと待っていないといけないし本当に苦手です。

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top