Home >

日記

最後のギターヒーロー

カリスマ的なギターヒーローって日本にどれだけ居るでしょうか?

もちろん音楽ファンの中にはそれぞれ好きなギタリストや崇拝するギタリストはいるでしょう。

だけどそういう意味でのギターヒーローではなく、誰もが認めるロックスターみたいな存在のことです。

ギター・プレイだけじゃなく、その容姿やファッションがスターと言えるようなギタリスト。

僕が思いつく限りだと

布袋寅泰
Char
松本孝弘

この3人が間違いなく出てくるでしょう。

フュージョン界だけで言うと野呂一生や高中正義なんかも入ってくるのかもしれません。

この世にもういないギタリストを入れると絶対外せないのがhideです。

カリスマ性だけで言えば、すべてのギタリストの中でナンバー1かもしれません。

それほどにまで熱狂的なファンが多かったからです。

hide以降、日本にそういったカリスマ性をもったギタリストはいるでしょうか?

かろうじて、MIYAVIがギターヒーローと言ってもいいかもしれませんが、既出のギタリストの知名度やカリスマ性には遠く及ばないと思います。

そういう意味では最後に出てきたギターヒーローはhideだったのだと思います。

僕はhideの大ファンではありませんが、彼の代表曲「ROCKET DIVE」はめちゃくちゃ大好きです。歌詞を見ずに歌える数少ない曲です。

布袋寅泰のカバーがなんとも泣けます。

布袋さんの声がクセがありすぎて賛否両論のカバーですが(笑)

ギターソロ前の布袋さんの天国のhideへのメッセージでいつも泣いちゃいます。。。

僕が生きてる間に、日本にまたギターヒーローが生まれると良いな。

敷居の低いピアノ教本

いい意味で敷居の低いピアノ教本を買いました。


なんとギタリストの宮脇俊郎さんが著者です。

ギタリスト感覚でコードを形で覚えて、とりあえず伴奏ができるようになる本。

いままでこういう割り切った教則本はなかったかもしれませんね。

僕にちょうど良いので、しばらく練習しようと思います。

ちなみに僕はバンドコースをレッスンしていますが、ピアノが全く弾けないのですが、ピアノの生徒さんがお休みされた時とかたまに弾くことがあります。

半分リップサービス、いや9割リップサービスなのだと思いますが、そうすると生徒さんは
「先生、ピアノも弾けるんですね!」と言ってくれます。

いえ弾けません(笑)

コードを見てたった2音押さえてるだけです。

たとえばDメジャーならレとファ#

目まぐるしくコードが変わる曲だと僕もお手上げですが、そうでもない曲なら
コード音2音弾くだけでなんとなく弾けてるような感じになります。

まあ、ただのごまかし演奏なので威張って言える話じゃないですけどね!

2音だけのインチキ演奏からちょっとでもステップアップできるよう練習します。

仏ではないですよ!

ストレスフリー生活を始めてから、イライラすることがだいぶ減りました。

元々、講師業を始めた頃から生徒さんに対してはイライラすることは皆無でした。
だからこそ、これが天職だと思えるようになったんですけどね。

そういう話をすると、人からは「仏のようですね!」と言われることがあります。

まあ、それくらいみなさん仕事上でイライラする機会が多いのでしょうね。

でも決して僕は仏ではないのです。

あくまでも「仕事(レッスン)」ではストレスやイライラがないだけです。

実生活では「タヒね!」って思うこと結構ありますよ。

でも基本的に親しい人にはそういう気持ちはわきませんけどね。

だいたい知らない人が対象の場合が多いです。

無駄に爆音になるように改造したバイクで街を走るやつ。

歩きタバコしてるやつ。

とか、他人に迷惑をかける人に対しての憎悪が結構大きめかもしれません。

まだまだ修行が足りませんね!

風評被害

女子レスリングのすったもんだが連日、メディアで報道されているわけですが、風評被害というのは多かれ少なかれ、社会にはあるものです。

ごくごく一般人の僕にですらあることはあります。

僕の価値観が気に入らずに、自分の親しい人に悪口を言うなどして、それを鵜呑みにした人が僕のことを嫌うなどといったことが昔は良くありました。

僕の悪口を聞いた人は、僕には一切、事情を聞くこともなく、一方的に嫌いになるのですから、こちらからはどうしようもないですよね。

まあ、そういう一方の意見だけで人を判断してしまう人はノーサンキューですけどね。

そもそも、それくらいで嫌いになるくらいだから、普通にしててもその人とは仲良くはなれないでしょうからね。

僕はなるべく一方の意見だけで人を見ることはやめようと心がけています。

自分の意見が受け入れられないと、すぐに機嫌を損ねて悪口を言うような人は自分の人生には必要ないですし、無理に付き合っても疲れるだけですからね。

でも、辛いのは仲良くしたいと思ってる人に風評被害で嫌われることです。

そういう人には直接「俺の話を聞け!」って言いたいですけどね(笑)

光陰矢の如し

2年に一回のマンション更新のお知らせがやってきた。

げげ!?
引っ越したばかりだと思ってたら、もう2年経ったの?

40歳を越えてからの時間の流れが恐ろしく早いです。。。

とんがっていた頃は、何かを成し遂げないと生きている価値がない、とか
夢がないやつは魅力がない、とか

そんな風に考えてた時期もありました。

それが故に不眠不休で働いたり、がむしゃらに頑張ったりしたこともあった。

それが40歳を越えてからというのも、180度考え方が変わったようです。

「ストレスフリーに生きていく」

今はこれが僕の生きていく上での指針です。

完全にストレスを無くすことはできないでしょうけど、生活できる範囲で可能な限りストレスを排除していく生き方を実践しています。

10年前の僕が見たら、おそらく「生きてる価値のないやつ」でしょうね(笑)

幸い、今の僕はほぼストレスがない仕事のみで生きていけてるし、余った時間は好きなことをするか好きな人と会って笑っているという生活です。

他者から見ると、野心や向上心のない生き方かもしれません。

でも、野心も向上心も自分的には捨てたわけではなく、表に出さないようにしているだけです。

価値観というのは変わるもので、そういったものを前面に出すのがカッコイイとしていた10年前と180度変わっただけです。表に出さず成し遂げられる方がカッコイイんですよね。

ストレスフリー生活、僕はすごく充実しているので、人生に疲れた人は実践してみると良いですよ。

花粉症備忘録

blogを毎日書いていると、たまに役に立つことがある。

過去の記憶を遡る時にすぐに検索できるからだ。

あの旅行に行ったのは何年前だっけ?とか

というわけで、備忘録として残しておく

今年は花粉症が酷くなりそうなので、早めに病院にいって薬を出してもらいました。

アレジオンとかアレグラがほとんど効かないので、新しい薬を出してもらった
「ビラノア」という薬だ

処方されてから毎日飲んでいるが、眠くもならないし花粉症の症状も全くでない。

僕にすごくマッチしているみたいだ。

舌下免疫療法はまだ半年なので、すごく効果が出てるかと言われると微妙である。

だけど、この3日間試しにビラノアを飲まないでいるのだが、花粉症の症状はでない。

もしかして舌下免疫療法も効いてる!?

でも、酷くなったら嫌なので今年は大人しくビラノアを飲むことにしよう。

来年以降は舌下免疫療法の効果に期待してみるとしよう

どこに居るでしょうか?(猫)

ぱっと見た目わからないけど、存在感がすごくて現場ではすぐ発見できました。


<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top