Home >

日記

自分の声が大嫌いなのだけど

教則本のDVDに収録する動画のチェックなどをやっていると、つくづく自分の声が嫌いだなあって思います。

鼻声だし、滑舌もそれほど良くないし、喋り方も関西弁がちょっと混じった変なアクセントだし。

だけども、いろんな人に僕の声と喋り方が好きと言われたことがあります。

当然そのほとんどがリップサービスや慰めなのだと思いますが、温かい感じが良いと言ってくれることが多いのです。

おそらく鼻声でこもりがちなのでそれが暖かいというイメージになるのかもしれませんね(笑)

自分の話し方が嫌いなので、何度も話し方の練習を自分でしてみましたが、結局昔からさほど喋り方も声質も変わらないので、もうさすがに諦めました(^_^;)

でも、少なくとも人に教える仕事なので滑舌だけは良くできるよう気をつけていこうと思います。

間違いを正すこと

エスカレーターの片側を急いでる人用に空けるという習慣はほとんどの人が知っています。

ですが、中には「片側を空けず2列で立ち止まって利用してください」と注意が書かれている場所もあります。

なので、少なくともそこのエスカレーターではそれが正しい利用方法となるのです。

あとは例えば、古紙を捨てる時にホッチキスが付いたままだとリサイクルできないと思って、マメにホッチキスを外してる人が居たとします、でも小さいホッチキスはリサイクルに全く影響がなく実は外さなくても良いというのが正しい情報です。

さて、この2つの場面で例えば
エスカレーターで一人だけ片側を空けずに、立ち止まっていて後ろから駆け上がって来た人に「空けてください」と注意をされたとします。
ですが、立ち止まるのが正解なので注意されることは一切ないのですが、そこでいちいち「いや、立ち止まるのが正解なので!」と反論することは良いことなのでしょうか?

ホッチキスをマメに外している上司が、部下がホッチキスをそのままにして古紙を捨てようとしてるのを見て、「ホッチキスを外しなさい」と注意したとします。
そこで「いや外さなくても大丈夫なんですよ、ホッチキスの箱にもそう書いてますので」と正しい情報で反論することは良いことなのでしょうか?

人によって意見はそれぞれあると思いますが、僕ならそこで無駄な論争は避けます。

ああ、この人は正しい情報を知らないだけなのだな、自分が何も言い返さなければそれで波風立たなくて済むから黙っておこう。となるわけです。

正論を振りかざして喧嘩になるくらいなら、僕は言い争いのない道を選んで穏やかに生きていたいですね!

若い頃の僕なら絶対正論振りかざしていただろうけど(笑)

全然ウォークできねえ

今月はデスクワークがかなり溜まっており、外出がほとんどできません。

なのでドラクエウォークが全然はかどらない(^_^;)

僕にとってはドラクエ暗黒期とも言えるドラクエ4のイベントなので、そこまで思い入れがないのもありますが全然イベントのノルマが達成できないです。

ちなみになぜ暗黒期なのかというと、高校から大学まで僕の生活はほぼ音楽関連の時間で占められました。だからドラクエだけじゃなくゲーム自体ほとんどやってなかったんですよね。

記憶が薄れてますが、一応4−6あたりはプレイはしてると思うのですが記憶がほとんどないので速攻クリアしてやりこみとかはしなかったのだと思います。
7に関しては一回もプレイしていないかもしれません。

ちなみに8からはゲーマー魂が復活してめちゃくちゃやり込みましたけどね!
特に8と9はかなりやったなあ!

というわけで、ドラクエウォーク熱も若干冷めつつありますが、お土産集めが楽しいのでほそぼそ続けようと思います。

負の感情はどこに?

そういえば昨日は職場の忘年会だったのですが、誰かに対して怒ったりするかどうかみたいな話で盛り上がりました。

プライベートな話なので、詳しくはかけませんが、僕はある時期、ある出来事を境に他人に対して憎しみや、怒りという感情がかなり希薄になってしまったようです。

だもんで、平穏に暮らせているのかもしれません。

日々の生活の中で、誰かを憎んだり嫌ったり、そういうストレスがほぼないですからね。

特定の人を嫌ったり憎んだりはしませんが、もちろん日々の生活の中でのイライラはちゃんとありますよ。電車内で気を遣えない人に遭遇したりとか、無駄に五月蝿くなるように改造したバイクに乗ってるやつとかを見かけるとイラッとはします。

でも、普段接する人に対してそういうのはないですね。

ましてや怒ったりとかもう何年してないんだろう?

そういう話をすると大抵、信じられないと言われます。

自分では無理して我慢してるつもりもないので、何か病気なのかな?
人に対して怒らないって良いことだと思いますが、裏を返せば何も期待してないってことにもなりますからね。

数えるほどしかないですが、今までにほんの数回だけ友人と喧嘩したことがありますが、その時はすごく仲の良い友人で、期待もかなりしていたせいなのかもしれません。

僕はこんだけ頑張ってるのだから、君も頑張れるよね?って
それが叶わなかったもんでイライラしちゃったのかもしれませんね。

でも、自分がそういう性格なので、人から嫌われたり憎まれたりすることに異常にセンシティブだったりします。

メールの返事がこないだけで、僕、なんか嫌われてるのかな、、とか思ってしまいますからね。

普通の人なら「お前なんでメール返信してこないんだよ?なめてんのか?」っていう風になるんでしょうかね。僕は逆で「自分が嫌われてるからこの人はメール返信してこないのかも」って思ってしまいます。

なので、人に対して怒らないのを羨ましがられますが、その半面そうやって嫌われることに対してかなりセンシティブになってしまう自分の性格はあまり好きではないんですけどね(^_^;)

禁○車

年始に少し大阪に行こうと思ってるので新幹線のチケットを予約しました。

さすがに一ヶ月も前だとまだ席は埋まっていないですね。

今回はギターなどの大荷物はないのでどの席でも平気なのですが、リクライニングするときに後ろの人に許可を貰うやりとりが面倒くさいので極力最後列の座席を予約するようにしています。

同じような考えの人とか、お子様連れの方が後ろにベビーカーを置きたいなどという理由で真っ先に最後列が埋まっていくのですが、3列シートの一番通路側しか空いてなくてそこを予約したら、隣の2席が赤ちゃん連れの夫婦でして、終始ギャン泣きしていたのでかなり辛かった経験があります。

赤ちゃんを連れて乗るなとも言えませんし、赤ちゃん本人には全く罪はないですから、我慢するしかないんですよね。

だいたい最後列は2列席が先に埋まるので、少し出遅れると3列しか残ってないのですが、3列シートの端を予約すると隣の空いた2席に子連れの夫婦が来る可能性がかなり大きいです。

だから、3列シートのど真ん中を予約してみようか、とも思ったことがありますが、人としてどうなのかと思い踏みとどまりました。

大昔にブログで書いた記憶がありますが、禁煙車と同様に禁子車を導入すると良いと思います。

字面的に、子供を忌み嫌うものとして扱ってるように見えますが、むしろ子連れの人が気兼ねしないで乗れる車両を作るのが目的です。

今の現状だと、子連れの人は周りに迷惑かけないかどうかビクビクしながら乗らないといけないのでかわいそうです。

そして子供の鳴き声やはしゃぐ声に耐性のない人にとっても地獄です。

禁子車を作ることによって、どうしても子供が嫌な人はそこを無理して予約すればいい。
1000円くらい高くても良いよ、僕なら1000円高くても禁子車を予約したいです。

子連れは禁子車じゃない車両なら大手を振って乗られるような環境になればストレスも軽減されるのになあ。喫煙車と同じ理屈です。

少子化問題解決のためにも、是非導入してほしいですね。

ちなみに僕は子供が嫌いなわけではないので誤解しないで欲しいです(^_^;)

子供は好きだけど、五月蝿いのはご勘弁っていうだけの話ですので!

静電気を逃がすうまいやり方

冬になると帯電体質である僕は静電気が恐怖になります。

ドアノブとかを触って一度蓄積された電気を放電させれば良いと言われますが、触る瞬間にバチっとくるとのでそれすらも恐怖なんですよね。

改めて調べてみたところ、あのバチッ!は放電する箇所が一点に集中していればいるほど痛みが増すらしいので、ドアノブとかを指先で触るのではなく、手のひら全体で一気に触ったほうが痛みが軽減されるそうな。

それは知らなかった!

今まではビビって、そーっと触れようとしていたために、それで余計に痛かったんだな。

これからはビビらず一気に手のひらでいきます!

いい肉は旨い(当たり前)

そして、昨日はいい肉の日だったので毎年恒例の良い肉を買って食べました。

仙台牛のA5ランク肉ですき焼き!

いい肉は旨い!(当たり前)

写真撮るの忘れましたが、見るからにいい肉そうな肉でしたよ。

ちなみに、高級牛肉はもちろん大好きですが、牛肉といえば僕はレバーとスジ肉が大好きです。

2つとも好き嫌いの別れる部位ですけど、レバーとスジ肉がなくなったら、かなり人生楽しくなくなりそうです。

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top