Home >

日記

舌下免疫療法その後

レッスンにいらっしゃる生徒さんにもマスク着用の方が多く見られる季節になってきました。

僕はと言いますと2年前から舌下免疫療法のスギ花粉治療をしています。
ちなみに3年前からダニアレルギーの治療もしています。

2年の舌下免疫療法の効果はといいますと、とりあえず今日の時点で全く花粉症の症状はでておりません。

治療前ですと、だいたい3月にはいる前からちょっと症状は出てたんですけどね

過去ログを見ると3年前の2月末には花粉症がひどくて辛いって書いてますね(笑)

こういう時毎日ブログ書いてると便利ですね、記録が残ってて(^^)

できる人はなんでもできる

ドラムを最近夢中になって練習しています。

今日のバンドコースが始まる前に時間があったのでドラムを練習していたら生徒さんから

「先生はなんでもできるんですね!」って言われました。

もちろん、ご本人は冗談じゃなく本気で褒めてくれてるので、素直にありがたいなって思うのですが

正直、恥ずかしさの方が大きいです(^_^;)

僕はギターですら怪しいレベルだと思ってるのに、ましてやベースやドラムなんてのは上手く演奏できてる自信などは全くないのです。

そういえば以前、レッスン中にピアノの方がいなくて僕がピアノのコード演奏だけをしたことがあるのですが、それを見てピアノを弾ける人だと思ってる方もいるみたいです。

弾けてる風に振る舞う才能はあるのかもしれません(笑)

隠さずいうと、ピアノは依然として全く弾けないです。
管楽器も全く吹けないです。

弾けてますってギリギリ自信をもって言える楽器はギターとウクレレのみ

なので、せめてドラムだけはそのレベルにまではなりたいですねー
いませっかく練習も楽しめてるので!

余談ですが、今日ジムでランニングしながらKenKenとハマ・オカモトのセッションを見てたんですがKenKenがドラム上手いこと上手いこと(笑)

まあ、そりゃサラブレッドドラマーの息子ですけども!

なんでもできる元祖的な人で一番有名なのはポール・マッカトニーですかね?

ベースはもちろん、ギター、ピアノ、ドラム、歌
どれもめちゃくちゃ上手です。

爪の垢煎じて飲ませてくれー(笑)

声だけで通じ合う

ドラムの個人練に入りすぎたせいか、行きつけのスタジオに予約の電話いれたら、名前をこちらから告げる前に

「中原さんですね、お取りしておきますね!」と言われるようになりました

まあ、それだけ練習してるってことです(^^)

おっさんになってからの修行なので、歩みはのろいですが、毎回2時間の練習は楽しく集中してできているので有意義な時間だと思っています。

できないフレーズが叩けたときに嬉しい!って思う気持ちとかギターじゃもうなかなか味わうことができないので、ドラムが今はすっごく楽しいですね。

本年度もお疲れ様でした

スマホ決済や、ネット通販などそういう新しいものにはすぐに手を付けて楽をする性格なのですが、確定申告だけはもうずっとアナログです。

厳密に言うと書類作成はネットでやってます。計算が楽なので!

だけど、提出は郵送ですら使わずに、手に持って税務署に毎年出向いています。

もはや恒例の行事となりつつあります。

いろいろ理由があるのですが、大きい理由としては一年に一回のことだし、毎年自分がどれだけ仕事をしたのか振り返る機会にもなるし、色んな人への感謝や仕事があることへの感謝の気持ちを忘れないように儀式化しているのです。

というわけで、本年度もお疲れ様でした

ナチグロン

友達がキン肉マンスタンプラリーをやってると言ってた。

秋葉原は電気街だからステカセキング
池袋はサンシャイン
中野はアデランスの中野さん
神田はカレーの街だからカレクック

この辺はなるほど!って思うけど

渋谷がナチグロンなのは何故(笑)

僕世代はナチグロンと聞くと、那智黒を思い出す。
懐かCM

プチプチ購入のすゝめ

不要な機材等を売っぱらおうと思うのでプチプチをまとめて購入しようと思い、ネット通販を見てみました。

何メートルものロールが売ってるので、一見コスパ良いのかなって思いましたが、送料など入れるとかなり割高なんです。

これだとダイソーのエアクッションを何枚かに分けて購入した方が全然お得です。

結局、何が一番得かというとホームセンターに出向いて買うことです。

単価自体は安いけど、送料で割高になってしまうのでネットで買うのはよほど切羽詰ったときやかなり大量に必要なときの苦肉の策だと思いました。

結局、僕はダイソーで済ませましたけどね!

キックペダルの調整

スタジオで練習していると、キックを思ったように叩けるときと叩けないときがあることに気が付きました。

その日の調子かなって思ってましたが、どうやらペダルの調整の問題のようです。

調整のやり方を教えてもらったので、早速スタジオに入り色々な調整を試してみる。

すると、どうやら僕はスプリング強めでビーターの角度は比較的浅め、ビーターの長さは普通くらいがちょうど良いことがわかりました。

でも、これはギターも同じでピックの好みが変化していくように、ペダルの好みも変わっていくのかもしれませんね。

とりあえず自分のペダルを買うまではスタジオのペダルをすばやく自分好みに調整できるようにできるといいですね。

早速、チューニングキーも買ったよ♪

<<BACK 678910111213141516

Home >

Feeds

Page Top