Home >

日記

ソフトバンクだけ品薄なの?

iPhone11 Pro Maxを予約してもうすぐ1ヶ月経つけどまだ入荷未定です。

ソフトバンク以外のキャリアだとカラーや容量によっては在庫ありの機種もあるのにソフトバンクは全て在庫なしの入荷未定状態。

ソフトバンクだけ品薄なのか、、

なんでなんでしょうかねえ

iPhoneユーザーはやはりソフトバンク契約が多いというのことなのでしょうか?

ともあれ、こんだけお預け食らうと期待は膨らむばかりですね!楽しみに待っていよう

面と向かって言えないことは書かない

いまやネットに何かを発信すると批判的な意見をぶつけられるのは常識とされています。

YouTubeが一番良い例だと思いますが、どれだけ素晴らしい動画をアップしても必ずBad評価が付きます。

ビートルズですら世の中全ての人が素晴らしいとは思っていないという事実と同じようなことなのでしょう。好みがありますからね。

でも、僕の美学としてはその人に面と向かって言えないことはネットでも言わないようにしています。

動画を見て、その人に「これは良くないですね」と面と向かって言えないならBadも押しません。

逆に匿名だからこそ本音が言えるから良いのだという価値観を持ってる人もいるでしょう。

いろんな考え方があるからこそのネットでしょうけどね。

少なくとも僕自身は匿名で批判するような行為はかっこ悪いと感じます。
だから自分はやらない。

でも、そういう行為がかっこ悪いと思わない人がいるから、匿名で批判がネットでは当たり前になっているのですよね。

自分の美学だけは曲げずに持っておきたいなと思います。

BPM205

1ヶ月後くらいにまたまたドラムでライブに出演するので、絶賛練習中なのでありますが、今回BPM205の曲があります(笑)

ドドタンドドタンというパターンなのでキックのアップダウン奏法が必須。

股関節の疲労がやばいです(^_^;)

さすがに205では安定して叩けないだろうけど、190くらいは目標にしたいと思います。

やればやるほど、ドラマーってすごいんだなって思います。

まあどの楽器もそうなんだろうけど(笑)
めちゃくちゃ練習しないとまともな演奏はできないですね。

見られちゃった!

そして、ドラクエウォークは新イベントの試練の扉が始まりました。

各地に現れた試練の扉でハイスコアを競うイベントです。

初代ファミコン世代はハイスコアという言葉に弱いんです。

なので初日から頑張った結果、とあるいくつかの扉で一位を獲得できました(一時的にですが)

そしたら、ゲーマーの知り合い数名から一位にランキングされてるのを発見した!とのLINEが入りました(笑)

なんか、すげえゲームに必死になってるのがバレたみたいでちょい恥ずかしいです(^_^;)

りゅうおうS。。

ドラクエウォークネタですので興味ない方は読み飛ばしてください。

ドラクエ1イベントでりゅうおうを倒して、りゅうおうのこころSをどうしてもゲットしたかったので、めっちゃ頑張って50回倒しました。

それなのにAのこころが最高で1個のみってどうなの!?

思えば僕のゲーム好きってドラクエ1が発売された頃から激化したような気がします。

大学生の音楽しか頭になかった数年を除いて常に何かしらゲームを日常的にやって過ごしてきました。

そんな特別なドラクエ1のイベントだからめっちゃ頑張ったのにーーー!!

確率3パーセントくらいでしかSがでないらしいので、本当に運だけの勝負。
さすがにマゾすぎるよ(笑)

持久戦

とあるボーカル教室のサポート演奏のリハでした。

朝の9時から17時まで途中昼飯休憩を挟んでみっちりやりました。

ジャンルもすごい幅広いのでなかなか大変(笑)

演歌、ジャズ、ロック、JPOP、フォークなどなど

ボーカルの発表会だとそうなりますよね!老若男女みなさん好きなジャンル違うしね。

ギターだけの発表会だとだいたいジャンルが偏ってるのでわかりやすいですけどね!

こういう時はいろんな音楽に触れて生きてきて良かったと思います。

特別一つのジャンルに造形が深いわけではないですが、広く浅くが生きてきますね。

本番が楽しみ♪

真・異種格闘大戦

Z~ゼット~は3巻で完結してたのであっというまに読み終わりました。。

相原コージをもっと欲してる自分がいるので、もう1作品読んでみました。

「真・異種格闘大戦」というバトル漫画です。全10巻なのでそこそこ読み応えがありそうです。

というかバトルもの!?

これまた相原コージからは想像がつかないテーマです(笑)

しかも動物最強は誰だ?という漫画にしにくそうな設定。

普通はドラゴンボールみたいな架空の超越したキャラクターを出してこないと漫画にしにくいけどライオンとか虎とか普通の動物を対戦させるってどんな漫画なんだろう。。

そんな書きにくいテーマにチャレンジするのが素敵です。

一回戦でいきなり主人公かと思っていた人間最強の人間代表がいきなり負けます(笑)

力勝負したら人間なんぞそんなものなんでしょうね。。

というわけで、動物のみでどうバトルするのかワクワクしながら読んでみましたが、結構飽きさせない展開で楽しめました。

相原コージの中で一番長い連載だったらしく、結構人気があったのでしょうね。

お下品な相原コージ節はあまり出さず、結構シリアスに話は進みます。

でも絵が相原コージだから、どうしても相原コージになってしまいます(笑)

ストーリーは素晴らしいので絵は違う人が良かったかもというのが本音ですね(^_^;)

<<BACK 345678910111213

Home >

Feeds

Page Top