Home >

音楽&楽器

桜中軽音楽部@東新宿Y's BAR

桜中軽音楽部という名前では初のライブとなりました。

あいにくの雨でしたが、ご来場くださったみなさまありがとうございました。

主催のワダノヒトがトップバッターでした。曲も良いし、歌声も爽やかでいいですね♪

二番手の僕らも桜井さんとグダグダのMCを交えながらでしたが、演奏は好評をいただき良かったです(笑)

三番手のお笑いの村瀬兄弟も面白いネタで会場は大盛り上がり。

四番手の水戸コンドリアのラップもかなりクオリティ高かったですね!

最後は出演者全員でセッション!

あっという間に、時間が過ぎてしまいました。

レッスン後のライブということで、正直体力がやばかったですが楽しさで乗り切った感じです

また、機会があれば桜中軽音楽部やりますので、よろしくお願いします!

暗黒時代

2日前のリンキン・パークの記事で、自分に音楽の暗黒時代があると書いた。

知りたい人も少ないだろうけど、今後の音楽人生のためにその時のことを振り返ってみる。

プロのギタリストになるために大学の軽音楽部に入った。
諸先輩方はそれはそれはすごいミュージシャンが多かった。

だがしかし、今となって思うと、ものすごく偏食的な方々も多かったと思う。

自分が愛している音楽以外は認めないし、けなすのである。

もはやそれは音楽ですらないと言い放つ人もいた。

そんな環境で、自分が尊敬する先輩に気に入られようと思うなら、その先輩たちが愛する音楽を自分も愛することで忠誠心をアピールしたものだった。

具体的に言えば、僕はそれまでリアルタイムで流行っているロック、とりわけ洋楽が好きだったのですが、諸先輩方がそういう音楽を馬鹿にするものだから、僕も聴かなくなったのだ。

1960年代70年代あたりの音楽を好きになれば、先輩にも認められる。

そういう自己暗示もあったせいで、その時代の曲ばかり聴くようになった。

リアルタイムで聴いていいのは洋楽のフュージョン、今で言うところのスムースジャズだけであった。

まあ、そのおかげで先輩には可愛がってもらったし、ヤマハの講師の試験も受かったのかもしれない。

20代から30代にかけて、僕は本当に好きだったロックを封印してきたのである。

本当なら毎年フジロックに行くような、そんな音楽志向だったのが、ライブといえばブルーノートしか行かないようなお高くとまった感じの時代だった。

逆にブルーノートに出演するようなアーティストがダメだと言ってるわけではない。

現に僕はその時の時代のおかげで今もソウルやフュージョン系の音楽が大好きだ。

でも、ここ最近、原点回帰をするようにしています。

僕がロックを封印していた時代にリアルタイムで流行っていた音楽を聴き漁っています。

邦楽だとビート・クルセイダーズがかなりのお気に入り。

邦楽っていっても、全部英語詞だから洋楽みたいに聴こえるけどね!

20年近く前の音楽なのに、僕にとってはすべてが新鮮。いま毎日ワクワクして音楽を聴いています。

暗黒時代に聴いて良しとされたバンド「グラハムセントラルステーション」の名曲
「Release yourself 」

皮肉なことに、まさにいまそんな感じですね(笑)

自分を解き放て!本当に好きな音楽を聴くのだ!

Linkin Park

リンキン・パークのボーカル、チェスター・ベニントン氏が自殺したというニュースを聞きました。

リンキン・パークはもちろん名前は知ってましたけど、ちゃんと聞いたことがなかったので、これを機会に聞いてみました。

なんだこれ?

めっちゃかっこいいやん(笑)

超有名なナンバーらしいですが、PV込みでこの曲がすごく良かったです。

食わず嫌いは本当に損するだけですね。

僕はロックを意図的に聴かないようにしていた暗黒時代があるので、今からでもそれを埋めなきゃなぁ。

働く男

中級バンドコースの時期の課題曲予定の「働く男」のリードシートを作成しているのだけど、どうしてもコードがわからないところがあった。

民生さんはコード進行も民生節なので、独特なんですよね(^_^;)

聴こえる音をとにかく書き出して一応コードネーム書いてみたけど合ってるのか不安なので、バンドスコアを持っている友人に借りてみました。

ほっ。。

バンドスコアと一致してました^^

結構コードネームってつけるのにセンス必要なんですよね。

同じ構成音でも、パット見た時にわかりやすいコードネームにできるかどうか。
そこはセンスと経験が必要になるところですね!

ビートルズはどれが好き?

ビートルズ好き同士がビートルズの話をすると、だいたいどのアルバムが好きか?っていう話になりがちですよね。

久しぶりにそういう話をしたので、楽しかったです^^

自分的にはアビイ・ロードが一番好きなのですが他のアルバムってどれくらい聴いてたかなって思い返してみました。アルバムの時系列順に書き出すと

「Please Please Me」
カバー曲も多いがオリジナル曲で好きな曲も多いので結構聴いた

「With The Beatles」
カバー曲がまだ多くてオリジナル曲はあまり好きなのがないので、ほとんど聴いてないかも

「A Hard Day's Night」
全曲オリジナル曲のアルバムで、好きな曲も多いためかなり聴いた

「Beatles For Sale」
またまたカバーも入ってきたしオリジナルもそれほどでもだったので、そんなに聴いてない

「Help!」
ヘルプやイエスタデイといったビートルズの代表曲が収録されている。
超大好きな曲「I've Just Seen A Face」が入ってるのでかなり聴いたなあ

「Rubber Soul」
ジョージがインドに傾倒してシタールなどの民族楽器が目立ちだしたので、そういうのが結構好きだったので良く聴いた。でも歌える曲という観点ではあまり好きな曲が多くはなかったかも

「Revolver」
ライブバンドからレコーディングバンドへの過渡期のアルバム
好きな曲が盛り沢山でかなり聴きました。とりわけ「For No One」は思い出深い曲。

「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」
かなり実験的な曲が多かったと思います。
その中で逆に異質だったのが「When I'm Sixty-Four」
ほのぼのとした曲調で、歌詞の内容も可愛らしくかなり好きな曲の1つです。

「The Beatles(ホワイトアルバム)」
アビイ・ロードの次に好きなアルバムかも。かなり大好きで歌詞カードが手垢まみれになっていた記憶があります。

「Yellow Submarine」
もっとも好きではないアルバム(笑)
ビートルズ好きとしては、このアルバムが好きになれないとダメだ、みたいに思ってましたがいつの日か断念しました(笑)

「Abbey Road」
捨て曲なし、すべての曲が大好きです。一番聴いたアルバムです

「Let It be」
もっとも有名であろう「Let It Be」が収録されているだけでなく、名曲ぞろいの秀逸なアルバムだと思います。個人的にはこの辺りがビートルズの絶頂期だと思うのに、そのタイミングで解散というのは本当に残念なことだと思います。
これもかなり聴きましたねえ。

裏声の音域

僕は現時点で、地声で調子が良いとHi Gまで出せます。

そして、裏声を使うとHi Bまで出せます。

って、あれ??

裏声使える音域、たったのそれだけ?!

Hi G#〜Bってかなり狭いです(笑)

裏声でなんとかHi Eくらいまでは出したいのだけどなあ。

これはちょっとマジメに練習してみるかな。。。

バンドTシャツ

最近、バンドTシャツにはまっていて(と言ってもたくさん買い漁ってるわけではない)
ダサくならないように美味いこと自分のファッションに取り入れられないかいろいろ思案中です。

基本的に、自分が好きなアーティストのバンドTシャツを買いたいのですが、だいたいにおいてデザインが好きじゃないやつばかりで・・・

ニルヴァーナとかレッチリとかかっこいいとは思うけど、あまりに有名すぎて着るのがちょっと恥ずかしい。

それになるべくバンド名とかは入ってないほうが良いんですよね。

というわけで、買ってみたこのTシャツ

これなら、誰も知らないだろうって思って今日レッスンに着て行ったら、速攻で店長がTシャツに食いついてきました(笑)

やっぱ音楽教室の店長さすがですね。。。

JOY DIVISIONのTシャツってバレちゃったのでちょっと気恥ずかしさはありましたが、でも知ってる人にはわかるくらいがちょうど良いのかもですね!

もうこうなったら開き直って、ニルヴァーナのTシャツ買ったろかな(笑)

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top