Home >

音楽&楽器

ONE CONTROL / Purple Plexifier

先日、Lingonberry OverDriveを買ったのですが、もう一つ気になるディストーションがあったので買っちゃいました。

Purple Plexifier

名前からわかるように、プレキシパネルのマーシャルアンプのサウンドです。

僕はマーシャルの歪みが大好きなので、自分のギターと相性が良ければいいなという期待半分、いままでのディストーションみたくザラザラなサウンドで好みじゃないかもという不安半分。

試してみたら、ドンピシャ好みの音でした!

正直、こないだ買ったLingonberry OverDriveの出番がなくなるのではと思います(笑)

ノイズがすごく少ないのがびっくりでしたね。

これはミニボードだけではなくメインで使っても良いレベルだと思います。

なんにもない

そういえば、ちょっと前の話になりますが、かまやつひろしさんが亡くなりました。

ほとんど彼の曲を聞いたことがなかったのですが、前にblogで紹介した
「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」でイメージがガラッと変わりました。

めちゃくちゃかっこいいミュージシャンだったんだと再認識。

そして、ふと思い出したのですが子供の頃大好きだったアニメ「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングもかまやつひろし作曲でした。

「やつらの足音のバラード」
アニメでの歌は違う人が歌っていますが、作曲した本人が歌っているバージョンがめっちゃかっこ良いです。

ギターは職人・松原正樹
さすがの職人業ですな

試し弾き

早速、Lingonberry OverDriveを試そうとセッションに行ってきました。

しょっちゅう行ってる弁天のmono歌ものセッションです。

PRSとJCの組み合わせですが、ほぼほぼ満足の行く歪みが出ましたよ^^

というか、今更ですが僕はディストーションの音があまり好きじゃないのかもしれません。

今まで使っていたMOOERのディストーションはディストーションとしては悪くないと思うのですがジャギジャギしたディストーションサウンドが僕の好みではなかったみたいです。

ハイゲインが欲しい時は良く歪むオーバードライブを使った方が好みになることがわかりました。

Lingonberry OverDrive

ミニペダルセットのディストーションのサウンドがどうにも気に入らないので、買い換えることにしました。

吟味した結果、OneControlのLingonberry OverDriveという新製品を買ってみることにしました。

OneControlの歪みが評判が良いので、いろいろ調べてたのですがデモ動画でいつも出てくるギタリストが気になりました。

ビジュアルもかっこいいし、デモにしては映像もハイセンスでクールな仕上がりです。

このギタリストのことを調べてみるとcloudchairという名前で活動されているそうです

なんと、映像もこの人自身が作ってるそうな!
なんでも出来るとはこの事ですね!

そして、さらに調べてみると僕の好きなバンドBUCK-TICKのボーカル櫻井敦司の別プロジェクトのバンドであるThe MORTALのギタリストでした。

いやあデモ演奏でこんなに惹きつけるなんてすごいです。

しばらくこの人に注目したいと思います^^

デヴィッド・ボウイ展

ようやく行くことができました。デヴィッド・ボウイ展

開催スタートからずいぶん経ちますが、日曜日ということもあり結構な観覧客がいましたよ。

僕が一番見たかったボウイの衣装の実物がたくさん展示されていて、見ごたえがありました。

生でみると、どれだけボウイが細かったか良くわかりました。

女性と同じくらいのサイズだもんな。。。

やはりいちばん印象的だったのは山本寛斎デザインの衣装ですね。

いかに日本で人気があったかが伺える展示会でした^^


Clover Chord Systemを使ってみた

前々から、同業者の間で話題になっていたリードシート制作に特化したソフト「Clover Chord System」を買ってみました。

コードがサクサク入力できるし、リードシートに必要な記号なども結構満載されているので、本当に簡単なリードシートならすぐにできちゃいました。

リードシートは絶対にこう書かないといけないという決まりが少なく、書く人によって違いがあるので、万民にばっちりあうように作るのは難しいかもですが、だいたい満足できるようなリードシートは作れました。

細かい部分で、こうして欲しいっていう部分はまだまだたくさんありますが、これでPCベースのリードシート作りが捗りそうです。

タリアカポ

素敵なプレゼントをいただきました。

まさに究極のカポと言っても過言ではないでしょう。

見た目が豪華なのは言うまでもないが、アタッチメントが充実しているので、どんなギターにも合います。

ギターによって、指板のR(カーブ)が違うので、本来ならそのRに合ったカポを使わないといけないのですが、だいたい一般的なRに合わせたカポがほとんどです。

ですので、ギターによってはカポをつけるとピッチが悪くなったりしますよね。

このカポはRに合わせて7種類のアタッチメントがついており、さらにラバーとテフロンと二種類あるのでお好みの方を使うことができます。つまり14種類のアタッチメントが付属しているので、自分が使いたいギターにあうものを選べば良いのです。

恥ずかしながらこのカポの存在を知りませんでしたが、すっかり気に入ってしまいました。

圧力もカポに最適とされている7.5kg前後に固定されているので、自分でネジを調整して圧力を変えたりする必要もないのです。

戴き物ですが、今後僕のメインカポにさせていただこうと思います^^

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top