Home >

音楽&楽器

ダウンアップ奏法

僕はドラムでライブをしたことが一度だけあります。

高校生の学祭バンドで一回ドラマーデビューしたんですよ。

ガンズ・アンド・ローゼズ叩きました。

それからもう25年以上経った今、改めてドラムを練習するならしっかりと基礎練習もやって、それなりに叩けるドラマーを目指そうと思う。

まずはアップテンポの曲のハイハットワークで疲れないように叩くためにダウンアップ奏法を練習してみよう。

25年前と違って、Youtubeでなんでも情報が得られるから助かります!

ドラマーへの道

よし、今年はドラムをたくさん練習することにしよう。

しよう、という義務ではなく、ドラムを叩いてるとすごく楽しい。

でも、単に個人練習だけだとつまらないから、今年はドラマーとして趣味でバンドをやってライブすることを目標とします。

自宅の近所にたくさんスタジオがあるので個人練習の場所には困らないのが嬉しい。

PIANOTEQ

ピアノ練習をするのにいい音でやれるともっと楽しいだろうなと思って、ソフトシンセを買いました。

PIANOTEQという定番ピアノ音源ですが、ちょうど年末年始のバーゲンでかなり安くなっていたのでタイミング良し!ということで早速買いました。

音楽制作の仕事を表立ってやめてから(知り合いからの個人的依頼は受け付けています)初めて買うソフトシンセ。

レイテンシーもほとんどないのにめっちゃいい音やないかーい!

これはピアノ練習が更に楽しくなりそうです(^^)

Pass The Music vol.9

今回もすごく楽しいイベントになりました

主催のワダノヒトにお誘いいただいて、またこのイベントに出演させていただきました。

今回はエレクトーンのユニットが2組あって、久しぶりにエレクトーンの演奏をしっかり見ることができましたが、本当マルチタスクですごすぎる!

手足4本駆使してのプレイは圧巻でしたね。

桜中、改め、桜川中軽音部もカホンが入って迫力が増して好評でした。

ワダノヒトとの初コラボセッションもリハもせずぶっつけだったのに、かなり良い感じでした。

始まるのが遅かったので、打ち上げとかがなく寂しかったですが、すごく楽しい一日でした。

そして年末の繁忙期の土曜日なのにわざわざ足を運んでくださった、僕のお客様にも感謝感謝です!本当に嬉しかったです。

出演者全員の記念撮影はなぜか、みんな目線が違うという(笑)

桜川中リハ

今週土曜日のライブのリハをしました。

気心しれたメンバーなので、言いたいことも言い合える良いリハとなりました。

これぞリハだなという模範的なリハだったと思います(笑)

今週末は東新宿でお待ちしております!


生宇多田

宇多田ヒカル嬢のコンサートに行ってきましたよ。

友人の強運にあやかって最前列のAブロックでした!
いままで行ったコンサートの中で一番良い席です!

このツアーは転売防止のため顔認証システムを導入したとかで音楽業界では騒がれていました。

顔写真をネットで登録しないとダメなので結構敷居が高いのですが、現在の顔認証はすごいもので、ゲートを通る時カメラで一瞬で顔認証されサクサクと入場できましたよ。

肉眼でこれくらいの距離で見られました!

彼女の生歌はもちろん最高でしたが、衣装替えのときに流れた又吉脚本のショートムービーがすごい面白かったです。

アンコールのときに客席がやたら明るいなと思ったら、みんなスマホのフラッシュを点灯させてこんな感じになってました。今どきの感じですよね!
でも、ヒカル嬢もびっくりしていたので、もしかして埼玉で初の試みだったのかな?
こういうのって事前にネットでファン同士、話し合ってるんですかね?

なんにせよ、すごく綺麗でしたよ。

*コンサートはスマホ撮影オッケーです。

Purple Hazeという奇妙な曲

今後のライブでジミヘンの有名すぎる曲「Purple Haze」をやるのですが、考えたらライブでやるのもちゃんと演奏するのも初めてでした。

レッスンではE7+9コードをジミヘンコードとして教えることが多いのですが、もはや若い世代の人はジミヘンすら知らないので、その呼称もどうなんだろうなと思いますけど。

さてそんなジミヘンコードで有名なこの曲なんですが、この曲の聴きどころはそれだけじゃないですね。

イントロからすでにぶっ飛んでいます。
ベースはEなのにいきなりBフラットのオクターブフレーズをぶつけてきます。
Eからみたら減5度の音を前面に出してくるのがすごいです。
ジミヘンはそんな理論とか気にせず、かっこいいという感覚だけでやっていたのでしょうか?
すごい常人離れした感覚だと思います。

ギターソロもEマイナーペンタ一発かと思いきや、ドリアンとかも使ってるし奥が深いですよ。

これらすべてを感覚だけで作ったのだとしたら、これぞ感性の人ですね。

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top