Home >

音楽&楽器

「糸」ソロウクレレ

初心者でもトライできるような簡単アレンジの「糸」です

タブ譜も作りましたので、良かったら弾いてみてください

Finale楽しいね

Finaleのレッスン二回目受けてきました

といっても今回は自分で実際に作ってみてわからない部分を質問形式で答えてもらうレッスンでした。

これにより、Finaleでできることできないことがはっきりとわかりましたよ。

すごく細かいところまで設定できるソフトであると同時に、ちょっとしたことが簡単にできないこともたくさんあります。

自分好みにいろいろカスタマイズできるので、それはそれで楽しそう。

いろんな楽譜を想定したテンプレート作らなきゃ。


GLIM SPANKY

ここ最近、僕よりずいぶん年上の生徒さんが口々に好きだというバンド「GLIM SPANKY」

名前は知っていたし、なんとなく聞いたことはあったんですが改めてちゃんと聞いてみるとなるほどって思いました。

ブルース・ロックなサウンドにジャニス・ジョプリンを彷彿とさせるボーカルの出で立ち。

懐かしさの中にちゃんと今どきの要素も入れたかっこいいバンドでした。

レッド・ツェッペリンをリアルタイムで聞いていた世代が好きになるのも頷けます。

これだけみんなが好きっていうならスルーできないバンドの一つですね!

え!?楽しい(笑)

こないだFinaleのレッスンを受けてきたので、忘れないうちに秋にある発表会用のギタータブ譜を浄書しています。

手書きで書いたものを浄書する作業ですが、やってると楽しくなってきました。

明らかに見やすいし、売り物みたいに仕上がるし(市販の楽譜はだいたいFinaleで作ってるので当たり前だがw)こういう作業は僕の性に合ってるみたいです。

ただやはりまだまだ時間がかかるので、報酬の相場を考えるとまだまだ仕事できるレベルではありません。これから何十曲と作っていく過程でスムーズに浄書できるように頑張っていきたいと思います。

幸い、楽しんでできる作業だということがわかったので少なくとも苦痛にはならなさそうです。

本気で覚えよう

秋は新しいことにチャレンジしやすい季節だと聞きます。

普段「仕事のために」何かスキルを習得するような気持ちにはならない僕ですが、今回は「仕事のために」Finaleを覚えようと思います。

よく生徒さんが「仕事のために」資格を取ります。とか言ってる意味や動機が良くわかりました。

仕事の幅を広げて、少しでも自分の付加価値を高めたいという感覚ですね。

僕は基本的に面白いか面白くないかで、決めていたので新鮮な感覚です。

どうしても独学やネットの情報だけじゃ効率が悪いので、実際にFinaleを使い自分の教則本でも自分で浄書している某ギタリスト様にレッスンをお願いして受けてきました。

2時間のレッスンでしたが、僕が知りたい要所要所を的確に把握してくださり、僕がやりたかったことの8割はできるようになっていました。

もちろん、操作になれていないので1曲作るのにものすごい時間を要するのでまだまだ仕事でやれるレベルじゃないですけどね。

重い腰を上げるときか

ここ数日、秋にある発表会のタブ譜作成をしております。

僕は字があまり綺麗ではないので、生徒さんがTABの数字を読み間違えてしまうこともしばしば。

リードシートは完全にパソコンベースで制作するようになりましたが、未だにタブ譜は手書きです。

というのも、日本式のタブ譜を作れるソフトがFinaleしかないからです。

Guitar Pro 7やTablEditは日本式に近いものは作れます。

いわゆるタブ譜にも符幹(ぼう)をつけることができます。

ですが休符にも符幹(ぼう)がついてしまい見た目が美しくありません。
他にも細かいところで完全に日本式のタブ譜には対応していないのです。

場所を指定して数字を入力するだけなので、めちゃくちゃ使いやすいのにそれだけが残念。

となるとFinaleを使うしか現状では完璧な日本式のタブ譜は作れないってことですね。。

Finaleは入力に結構手間がかかるし、設定項目が多すぎてとっつきにくいんですよね(^_^;)

でも、そろそろちゃんと覚えないと今後のレッスン人生、大きく損する気がします。
頑張ろうかな。

MIDIデータの今

僕は昔、カラオケのMIDIデータを作る仕事をしていたことがあります。

しっかりと完コピしてデータを作ると最低でも丸一日かかります。
難しい曲なんかは3日間かけて作ったこともありました。

昔は結構MIDIデータを活用していた人も多かったと思いますが、いまってどんな人がMIDIデータを購入し、活用してるんでしょうね。

数百円でMIDIデータが買えてしまうわけですが、どれくらい売れてるのでしょうか。

1000DLあったとしても単価が200円だとしたら売上はたったの20万円。

著作権使用料やシステム維持費など運営費とかも考えると、MIDIデータを作る人にどれくらいギャラが言ってるのだろうか、、、

僕がバリバリ作っていた時代だとどれだけ安くても、コンビニでバイトする時給よりは高いギャラを貰えてましたが、噂によると今はその半額もないそうな。

MIDIの打ち手というのはとてもスキルが必要なので、もっと報われて欲しいです。

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top