Home >

ファッション&デザイン

ネクタイベルト

ミシンを買ってからシャツのダーツを入れたくらいしか裁縫をしていないので、練習を兼ねて要らないネクタイをリメイクしてベルトを作ってみました。

ネクタイは通常、表と裏があって裏は普通は隠れる部分なので生地の裏地が見えちゃっています。

でもベルトにするとなると、端の方はだら~んと垂らすわけで裏地が見えることもあるので表と裏を両方生地の表地が出るようにしないといけません。

つまり一度すべての縫製をバラさないといけないのです。

ばらして一枚の生地にした状態で芯生地を包むようにします。

ネットに作り方の情報がほとんどないのでかなり苦労しました。

いきなり本命のヴィヴィアンのネクタイをやるのは勇気がなかったので、まずは安物のネクタイで練習しました。

縫い代が足りなくて途中で崩壊してしまいました(笑)

練習しておいて良かった。。

というわけで1回目の失敗を活かして本番に臨みましたが、割と上手にできたと思います!


グルカパンツ

流行りそうな兆しのグルカパンツを先取りして履いてみたのだけど生徒さんからは「ピッコロ大魔王みたい!」と言われる始末

まだ早かったみたいだ。。。


UNIQLOとCOMOLIの白シャツ比較

白シャツとか白Tシャツとか高いやつ買うやつなんなん?っていう意見もあると思います。

実際僕も普段着はUNIQLOですからね。

でも超定番の普遍的なデザインの服は一着くらい高価なものを持っていてもいいなと思います。

たとえば白シャツですがUNIQLOの2000円程度のシャツとCOMOLIの2万円以上するものと両方もっていますが、着てみたり近くで見たりすると誰がみても歴然とした質の差を感じられるはずです。

とはいえ10倍以上もする白シャツを着る価値があるのか?
という話になればコスパ的に言えば「なし」ですね。

UNIQLOのシャツはコスパ最強だと思います。

名前がそこそこ通っているセレクトショップで5000円程度で売ってる白シャツと同レベルだと思います。

じゃあ、お前はなんで高い白シャツ買ったの?ってなりますが
100%自己満足ですね(笑)

着心地は確かに良いし、生地の質もいいから洗濯後も新品時と大きな変化はないので長持ちします。でもそれを考慮しても10倍も出す価値はないと思います。

洋服が好きという自己満足に浸りたいから買うというのがぶっちゃけた気持ちじゃないでしょうかね?

あくまで僕は、の話ですがね!

返品できないのは致命的

すごく気になるズボンがあったのですが実店舗にはもう在庫がなくネット通販でしか買えない状態でした。

しかしながらちょっと特殊なデザインのズボンなので実寸値をそこまであてにできないというのもあり試着できないと買えない感じです。

ZOZOTOWNやAmazonは試着してから返品がオッケーなのでしょっちゅう利用しているのですが、そのネット通販サイトは返品不可でした。

わりと高価なズボンだったので冒険はさすがにできず、結局買うのを諦めました。

サイズが合わないという理由での返品を受け付けていないため売れたかもしれないズボンが1本売れなかったわけです。

めっちゃ損してません!?

返品対応する手間やリスクの方がそれを上回ってるってことか?

まあ確かに数千円くらいの洋服でいちいち返品されてたら面倒くさいでしょうね、個人でやってるお店なら特に。

でも何万もするような洋服はサイズ違いでの返品を受け付けないと怖くてだいたいの人が買えないんじゃないかな?

ZOZOTOWNが一人勝ちになるのも無理はないですね。

ツーブロック復活

髪の毛を伸ばしていたわけですが、耳が半分くらい隠れたあたりでギブアップ。。

このまま伸ばして、自分に似合うビジョンが全く見えないことと、トレーニング中、特に有酸素運動の時めちゃくちゃ髪の毛がうっとうしいので切ることにしました。

数年前までやっていたツーブロック復活です。

微妙に変化をつけたかったので前髪はアシンメトリーにしてもらいました。
ノンスタの井上って言われるやつです(笑)

左のもみあげだけ白髪が生えてきたので隠すのにちょうど良いんですよね。
右も生えてきたらまた別の髪型考えよう。うんそうしよう。

病気っぽいスーツ。。。

洋服好きな人ならきっとご存知かと思いますが、去年の11月に無償配布が発表された、身体計測スーツ「zozoスーツ」

待てど暮らせど届かない(笑)

と思っていたら、大幅な仕様変更、および改良を施した上で具体的な配布日程が決まったとメールが届きました。

そして今日その新zozoスーツがお披露目となったのですが。。。


見た目が怖い(笑)

そして、センサーによる自動計測はなくなり、自分でスマホで360度写真を取る方式に改良(笑)されていました。

どう考えてもユーザー側は計測するのに手間が増えて敷居が高くなりました。
よほど洋服が好きで自分のサイズを正確に測りたいという熱意がなければきっとやらないでしょう。

しかしながら、センサー方式の旧zozoスーツに比べ大幅なコストダウンができて、一気に配布できるということは会社として見ればかなりのプラスに動くこととなるでしょう。
スタートトゥデイの株がこれで一気に爆上げしてくれたら個人的には嬉しいです(笑)

洋服を作ることの難しさ

古着屋で捨て値で売ってるシャツなどを買ってミシンの練習をしています。

やってみたわかりましたが、洋裁というのはとても手間がかかる作業ですね。

自分が慣れていないことと、設備が家庭用しかないということを除いたとしても、洋服一着を作るのにどれだけ手間がかかるか良くわかりました。

昔はシャツに1万を越える値段なんて到底出せないとか思っていましたが、これだけ手間がかかることを一着一着やっているのだと思うと、むしろ安いとすら思うようになりました。

自分でやってみてその価値が初めてわかるという良い経験が出来た気がします(笑)

でも、結構楽しいのでしばらく洋裁で遊べそうですよ。

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top