Home >

生徒さん向け

【生徒さんいらっしゃい】アドリブソロへの道その3

レッスンでCメジャースケールをスムーズに弾けるようになってくると、なんとなくアドリブソロができるようになってきます。

技術の差はそれぞれですが、たどたどしくても充分にメロディアスなフレーズを弾いたりされる生徒さんがいて良く驚かされます。

もちろん芸術性を高めていくには技術は必要不可欠です。

でも、やはりまずは歌ってみることが非常に大切なのです。

では、歌うこととはどういうことなのかを考えてみましょう。

メロディを音程をつけてしっかり歌えるかどうかは置いておきます。音痴でもかまいません。実際僕は音痴です。

プロの歌手をみてみると、まず体が大きく動いてることがわかると思います。
顔の表情、手の指先、腰の動き、足のステップなどなど。

人により、表現方法は大きく違いますが共通して言えるのは体全体で音楽を感じていることです。

体全体を動かせば良いという話ではなく気持ちの問題です。

体全体で音楽を感じた結果、激しい動きをする人もいれば、ほとんど動かない人もいます。
それでも体の芯ではちゃんと音楽を感じているのです。

Cメジャースケールが弾けるようになれば、そういうことを意識して常に演奏するようにして欲しいです。

ノッてる姿を見られるのが恥ずかしいと思ったりする人もいるでしょう。
実際に人前で歌うのが嫌な人もいると思います。
僕も歌は下手くそなので、ステージでは絶対にメインボーカルをやろうとは思いません。
でもプライベートでは歌は大好きなので良く歌ってます。レッスンでも歌うこともあります。

それはあなたが上手に演奏できるから、派手に動いても恥ずかしくないんだよ?と思う方もいるかもしれません。
僕がギターを始めたばかりのころの映像が残ってたので見てみましたが、実に良く動いてました。そして楽しそうでした。

精神論ばかりで、全然アドリブ講座じゃないじゃないか!という声もでそうですが(笑)

とにかく言いたいのは、音楽を体全体で感じて楽しんで欲しいのです。
そしたら自然と体も動き出すと思いますよ♪

まあ、さすがにレッスン中にヘッドバンギングしだす生徒さんがいると注意するかもしれませんけどね(笑)

さて、次回からはもう少し具体的な練習法を紹介していきますね!

【生徒さんいらっしゃい】アドリブソロへの道-番外編

前回のアドリブソロへの道その2で次のような記事を書きました

>たとえばCのコードの時にファの音で伸ばしてみてください。きっと気持ち悪いはずです。

理論を勉強したことがある方はわかると思います。
そうアボイドノートのことです。

その話をレッスンで取り上げたところ、Cのコードが鳴っててファの音が伸びていても気持ち悪くないという生徒さんがいらっしゃいました。

僕は予想をして「おそらくそれはCsus4というコードがバックで鳴ってるからです」と答えました。

のちのち曲名を聞いたので、実際に聞いてみたのですがたしかにCコードでいきなりファから歌い始める曲がありました!しかもかなり売れた曲です。

この曲では実際はDコードでソ♯がなってますが、Cコードでファと同じ事です。

僕の中の解釈ではアボイドノートはアドリブソロを弾くときに絶対ひいてはだめな音ではなくて、伸ばしたり強調したりしてはいけない音、でした。

つまりそのように頭でっかちに考えていたら、哀愁のトラジディみたいなメロディは作れなかったかもしれませんね。

今回は生徒さんに勉強させてもらいました。

ただ、一応補足しておくとこの歌の場合はアボイドノートが人が歌ってるということでそんなに気持ち悪くはならないのかもしれません。

同じ楽器内でドミソの和音(Cコード)を鳴らして、ミの半音横のファを同時に鳴らすとやはり気持ち悪いとは思いますよ。オクターブ違っていたりちがう楽器同士ならありなのかもしれません。

というわけで、理論を勉強することは大切ですが、あくまでも自分の感性で最終的に判断したほうが良い音楽が作れると思います。

【生徒さんいらっしゃい】アドリブソロへの道その2

アドリブソロを弾くにあたってのアドバイスその2です。

あくまでも、ギタリスト(特に初心者、中級者向け)に向けたお話だということを予め言っておきます。他の楽器だとまた違った考え方があるかもしれません。

ギターの場合、多くの人は音符を見て演奏することはありません。
TAB譜を見て弾いたり、耳でフレーズを覚えて弾いたり、手くせで弾いたりなどなど。

ピアノを始めとするほとんどの楽器は音符を見て演奏することがほとんどだと思います。

そういう意味でギターは特殊な楽器だと言えます。

なので、特に頭で歌いながら弾くというのが大切になってくるのです。

とはいえ、頭で歌ったメロディがギターで弾けないと話になりませんので、今回はそのアドバイスです。

レッスンでは何度も何度も繰り返し言ってることですが、まずスケールを覚えることが前提になります。スケールというのはある一定の規則に基づいて並べられた音階のことです。

そういうとなにやら難しいですが、いわゆる「ドレミファソラシド」のことです。
スケールについての細かい話はアドリブとは直接関係ないので割愛しますが、まずはスケールを自由に弾けるようにしてください。

覚えるべきスケールはまずメジャースケールです。

Cメジャースケールというのがいわゆる「ドレミファソラシド」です。

ギターのどのポジションでも「ドレミファソラシド」を弾けるように常日頃から練習しましょう。それができることを前提にアドリブを歌いながら弾く練習を開始します。

今回の練習法は

|C |C |Am |Am |Dm |Dm |G7 |G7 |

という8小節のコード進行を使います。いわゆる循環コードと呼ばれてる進行です。
敢えてカラオケは用意しません。自分でコードを弾いてそれを録音したものをカラオケとして使用してください。それも練習の一環です。

さて、このコード進行をひたすらエンドレスに繰り返し再生して、適当にCメジャースケールを弾いてみます。すると完全に適当に機械的にスケールをなぞるだけだと気持ち悪い音がでてくると思います。

たとえばCのコードの時にファの音で伸ばしてみてください。きっと気持ち悪いはずです。

音楽理論的になぜ気持ち悪いのかなどは今は覚えなくていいです。

このコードの時にこの音を弾いたら気持ち悪い、気持ち良いというのを体で覚えてください。
それが歌心のあるアドリブへの第一歩です。

アドリブを弾くには音楽理論を覚えないといけない、とか頭がよくないと無理などということは全くありません。僕はむしろアドリブは知識よりも経験だと思います。

とりあえず、ひたすら上記の8小節を流しながらCメジャースケールを練習して、気持ち良い音と気持ち悪い音を体感でわかるようにしてください。

それから頭で(実際に声に出しても良いです)歌いながら弾いてみてください。
日々繰り返していると、Cメジャースケール内の音は歌えるようになると思います。

まだまだ基本的な話が続きますので、その3以降でお話します。 

【生徒さんいらっしゃい】ギターケースの選び方

ギターの持ち運びはハードケースの方がやはり良いですか?という質問をしばしば受けます。

簡単にイエス、ノーと言える問題ではありませんが、僕は普段の持ち運びに一切ハードケースは使っていません。

理由はただ一つ。

重たいからです。

男のくせに、頼りないことを。。と言わないでください(笑)

実際持ってみたらわかると思います。手すりがついてるのでその手すりを持って10分ほど歩くとおそらく大半の人は手がしびれて力があまり入らなくなると思います。

そんな状態でスタジオでリハしたりできないですよね。

なので、僕は基本的にはソフトケースで移動しています。
車が使える人は、絶対ハードケースの方が良いと思います。
車が揺れて荷物が倒れてきた場合なんかもハードケースがギターを保護してくれます。

つまり、結論としては徒歩移動ならソフトケース。車移動ならハードケース。ですね

ちなみに飛行機には大抵ソフトケースでは受け付けてくれないのでハードケース必須です。
ハードケースに入れていっても、ギターが壊れていたという話も聞きますので飛行機での運搬は怖いですね><

【生徒さんいらっしゃい】アドリブソロへの道その1

エレキギターをやっていて、いつかはやってみたいのがアドリブ。

いわゆる、その場で思いついたフレーズを即興で演奏することです。

もちろん僕のレッスンではアドリブを重要な課題として取り上げていますが、敷居が高いと思っていたり、間違うと恥ずかしいから弾けないという方がかなりいらっしゃいます。

ここでは現生徒さんに向けてだけではなく、僕の持論を書いてみたいと思います。

具体的な練習法などはのちのち紹介するとして、意識の持ち方について僕の持論を少し。

・必ず頭で歌いながら弾く

・間違うことを恐れていては全く進歩しない

この2つが重要です。

初心者にわかりやすく、こう説明することがあります。

「アドリブとはパズルのピースの組み合わせだと思いなさい。
いろんなピース(フレーズ)を様々な組み合わせで演奏すればアドリブできます。」

最初はそれで良いと思います。
それこそフレーズ集のようなものを買って、フレーズを覚えて、それをパズルのように組み合わせてフレーズを作る。

なんかよくあるゲームとかのキャッチコピーみたいですね。
自分のアバターを作るのに各パーツが10個ずつくらい自由に選べて
「アバターの組み合わせはなんと何万通り!!」みたいな(笑)

たしかにフレーズを10個くらいでも覚えたら相当な組み合わせのソロは作れると思います。

なんとなくソロっぽくなるので最初は良いと思います。

でも、それはアドリブじゃありません。

詳しいことは、その2以降で紹介したいと思います。

【生徒さんいらっしゃい】カポタストの正しい使い方

え?カポタストに正しい使い方とかあるの?と思われる方もいると思います。

適当にカポタストをつけてませんか?

カポタストをつけるときに注意すべき点がいくつかあります。

・フレットになるべく近づける
フレットとフレットの真ん中あたりに装着してませんか?
その状態で弦をよく見てみるとわかりますが、弦が引っ張られてピッチが上がってしまいます。
カポタストはなるべくフレットに近い位置に装着しましょう。

・きつく締めすぎない
カポタストはたいてい締め具合を調整できます。
あまりきつくしすぎると、テンションがかかりすぎてこれまた弦のピッチが上がってしまいます。装着時に弦が沈みすぎないよう、なおかつ弦がびびらない具合に締めましょう。

・チューニングはカポタストをはめたまま?
開放弦でチューニングした状態でカポタストをはめてその状態でチューニングしてみてください。もしかしたらピッチが上がってるかもしれません。

上記の2つのポイントを改善してもそうなるのなら、カポタストをつけた状態でチューニングしなおしてください。カポタストをはめたままで大丈夫です。

ですが、なるべくならカポつけたままチューニングしないに越したことはないです。

もしかしたら、ギターがフレット音痴のせいもあるかもしれません。カポのせいで弦に必要以上にテンションがかかるとピッチはあがりますが、弦がさほどへこんでないのにカポ時のチューニングがおかしいのはギター自体が良くない可能性もあります。

なお、エレキ用アコギ用のちがいもありますので昔の記事を参考にしてください。

【生徒さんいらっしゃい】ミュートの重要性

自分のレッスンでもしつこく言ってることですが、エレキギターは弾かない弦をいかにミュートしておくかが上手な演奏する重要な要素になってきます。

アンプで大音量で弾いてると、必ず弾かない弦の開放弦が共鳴します。

音が濁って汚く聞こえますし、かなり歪ましてるとハウリングの原因にもなります。

弾かない弦をミュートしておく手段はいろいろあります。

今回はそういう細かいテクニックを紹介したいのではなく、ミュートの重要性を知っていただきたいのです。

一番大切なのは、自分が演奏してる音を聞いて、開放弦が共鳴して濁って「汚い」と感じることです。

まず、それに気がついてないレベルだとなかなか上達しません。

実際に弾く弦以外の開放弦が共鳴していないかどうか、良く聞いてみましょう。

そして、共鳴して不協和音になって気持ち悪いと感じたらしめたものです。

ずっと演奏してるうちに、その共鳴をなんとかださないようにという意識が芽生えてきます。
そうするとミュートテクニックなど教わらなくても自然に自分でなんとか不必要な弦をミュートするようになると思います。

もう一度いいます。

大切なのは自分の音を良く聞いて「汚い」と感じること。

「良い音」をだそうという意識さえあれば、どんどん上達していきますよ!

<<BACK 1234567

Home >

Feeds

Page Top