Home >

生徒さん向け

【生徒さんいらっしゃい】中古楽器はダメか?

楽器を中古で買ったりオークションで買うのはどうか?という質問をしばしばされます。

まず先に結論からいうと、特に問題ないと思います。

あくまでも僕の経験や知人の話からしか判断できませんが
中古楽器を買ったためにえらい目にあったとか、悪い楽器だったという話は
もちろんあるにはありますが、新品でもその確率はあまり変わらなさそうです。

ただ、中古でも楽器店においてる中古とオークションで個人が売ってるのとは
別だと考えたほうがよさそうです。

楽器店はあくまでプロが一度チェックしてから売ってるわけですので
悪い楽器である確率は減ると思います。

オークションだと、何も知らずに売ってる方もいるにはいるので
そこは注意ですね。

でも、だからといってそういう人が売ってる楽器が悪いとも限りません。

個人的には一生ものにする楽器は新品でも中古でもいいので
楽器店で自分で見て触って買う。

サブ楽器や観賞用に買うのならオークションでも良いと思ってます。

実際僕もオークションで買ったことも何度もありますけど
それはメイン楽器にはしていません。

ただ、一度だけどうしてもPRSが欲しくて予算があまりなかったときに
ネット通販楽器店の中古で買いました。今のメインギターです。

結果として、ほぼ問題なく良い楽器だったのですが
唯一気に入らない店がありました、3弦のデットポイントです。

12フレットのG音だけあまりサステインが伸びてくれないのです

そういうのはやはり実際に自分で見て触って弾いてれば気づいた問題ですから
通販で買った弊害とも言えますね。

G音のサステイン稼ぐときは仕事では2弦とかに逃げるようにしてるので
いまのところさほど問題はないんですけど、やはり3弦のサステイン伸びるほうが楽ですからね

でも3弦にデッドポイントがあるギターがほとんどなので
しかたがないといえば仕方が無いです。

僕のPRSがはずれだったのか?というとちがうみたいです。
楽器店でたくさんのPRSを試走しましたが8割くらい3弦の12フレットがデッドポイントでサステインがあまり伸びませんでした。

逆に十分に伸びるギターに出会えたらそれはかなりラッキーなのだと思いますよ。

しかも、それでもPRSはまだデッドポイントが少ないですしね。

と、まあ書きだすときりがないですが実際に見て触って弾いて買わないと後悔する場合もありますので一生もののギター購入の際はぜひ一度ご相談ください^^

【生徒さんいらっしゃい】ライブで緊張してしまう

生徒さんの中にはバンドを組んでライブをしてる方もいらっしゃいます。

また、普段バンドをやってなくても発表会などで演奏する機会もあるでしょう。

そんな時みんな口を揃えて言うのは「緊張して上手く弾けなかった〜」です。

先生は緊張しないんですか?と良く聞かれますが、いつもライブの時は緊張してますよ(^^;)

まず、緊張するのはなぜか考えてみましょう。

・練習のときは上手く弾けてるわけで、人に見られてるから緊張する

では人に見られてるとなぜ緊張するのか?

・下手くそと思われたくないという気持ちがあるから
・好きな人が客席で見てるから
・実は今日慌てて家を出たのでパンツをはきわすれてる
・借金とりが客席でにらんでる

などなど、いろいろあることでしょう。

でも、実は緊張して上手に弾けないのではなく大抵の場合、立って弾くことに慣れてないから上手に演奏できないのです。

家での練習は座って弾いてませんか?

もちろん、僕も普段は座って練習します。

でもライブ前はちがいます。曲順通りに音源を再生して、ライブしてる感覚で練習するので、もちろん立って演奏しますし、なんならアクションなんかも決めちゃいます。
そういう本番を想定しての練習が大切なのです。

アクションしてるところを家の人に見られたら恥ずかしい・・・

わかります。

僕も実家にいたとき、ノリノリで弾いてるのを見られました。
確かに恥ずかしいです(笑)

まあ、そんな恥ずかしさを乗り越えてこそ良いライブができるというものです。

みなさん、ギターもってる時くらいは、自分が主役だ!っていう気持ちでやりましょう^^

【生徒さんいらっしゃい】ピックの選び方

今日はピックの選び方についてお話してみようと思います。

一般的にギター用のピックとしては三角形のおにぎりピックと、涙型のティアドロップピックがあります。

僕はティアドロップを20年くらい使っています。
ギターを弾き始めた頃はおにぎりだったのですが、いつのまにかティアドロップで定着していました。

正直、どちらを使っても全く問題はないです。
好きなのを使ってください。

強いて言うなら、いろんな種類のピックを試してみてください。
僕もかなりたくさんの種類のピックを試しました。
中には変わり種ピックもあって、スタイラスピックといって先っちょが円錐になっている速弾き強化用のピックなんかも試しました。

すべり止めがついたものや、持つところがへこんだものなどなど。

結局一番弾きやすかったのがごくごく普通のティアドロップだったのです。

というわけで、どのピックを使おうか悩んでる方はとりあえず最低限、おにぎりとティアドロップの2種類は買って試してみましょう。

【生徒さんいらっしゃい】ギター弦高

「先生、なんかうちのギターは教室にあるギターより弾きにくい気がするんですけど・・」

という生徒さんの悩みを良く聞くのですが、たいていの場合「弦高(げんこう)」が原因です。

弦が高い位置ではられていると、フレットにつくまで距離があるのでそれだけ余計に押弦する力が必要になります。

簡単な解決策としては、細い弦に交換することです。

もともと、出荷時にはられている弦は010-046という太さのセットの場合があって、それを090-042の細いセットに張り替えると弦のテンションが下がり弾きやすくなります。

ただ、これだけだと弦高自体はあまり変わりません。

弦高を下げるにはいろいろ方法がありますが、まずは購入した楽器店で相談してみてください。

「面倒くさい」という理由で弦高が高いまま放置してるともったいないですよ(^^;)

自分の楽器は、一番自分の弾きやすいセッティングにするべきです。

そのために楽器の調整は必要不可欠なので、面倒くさがらずに一度楽器店に相談してみてくださいね!

もちろん、僕のレッスンに通われてる方は一度自分のギターを持ってきてくれたら相談に乗りますので遠慮なく持ってきてくださいね!

【生徒さんいらっしゃい】エレキ用のカポ?

生徒さんからたまにある質問なのですが、カポタストってエレキには使わないのですか?という質問です。

答えは「使います」

というか、エレキギターに限らずベースに使ってる人もみたことがあります。
ウクレレ用のカポタストなんかも売ってるみたいですね。

中には「エレキギター用」と銘打ったカポタストも売っています。
アコギ用と何がちがうの?って話ですが、指板の曲率(R)がエレキとアコギとではちがうのでエレキ用のカポタストはエレキギターの指板の表面のカーブに合わせて作られているのです。

このカーブの形状が大きくちがうと各弦への圧力に偏りがかなりでてしまいます。
ある弦は緩くて、ある弦はきつかったりと。

エレキギターは一般的にアコギに比べて指板の表面のカーブがきついのです。
(つまり丸まってるってこと)
なので、エレキ用カポタストはゴムの部分が少し丸くカーブを描いてると思います。

じゃあ、必ずエレキにはエレキ用のカポタストをつけないといけないのか?

それはギター次第です。

ギブソンのギターなんかは指板のカーブが緩くて平らに近いのでアコギに近いと言えます。
なのでアコギ用のカポタストを使ってもそれほど問題はないでしょう。
フェンダーのギターなんかはカーブがきつい傾向があるのでできたらエレキ用のカポタストを使ったほうがいいですね。

僕のおすすめのカポタストは
値段安く買いたいならSHUBBのカポタストです。

高くてもいいから、使いやすくチューニングが安定するやつがいいなら
G7thのカポタストが良いと思います。

僕は両方共持ってますが、G7thのは高いのでクラシックギター用しか持ってないです。
瞬時に装着できて、各弦への圧力も均一なのでチューニングの安定は抜群ですよ。

【生徒さんいらっしゃい】ギター弦の寿命

よくある質問の一つですが、エレキギターの弦ってどれくらいのペースで張り替えたら良いかについてです。

一番理想的なのは、2週間おきくらいに交換するのが良いのではないかと思いますが、実際そんなハイペースで張り替えるのは大変です。労力もお金もかかりますしね。

じゃあ、どれくらいなの?って言うのは正直僕からはなんとも言えません。

どれが正しいとは言い切れないからです。

なので僕の実例を挙げておきます。

僕はエリクサーという錆びにくいコーティング弦を使用しています。
すべてのギターにエリクサーを張ってます。
コーディングされてない弦の3〜5倍長持ちするという触れ込みの弦です。

それで僕は平均3ヶ月くらいは張り替えずに同じ弦のままです。

ですが、いろいろな状況があって2週間くらいでも張り替えることもあります。

ライブ前とか、弦の新鮮さが必要なレコーディングがある場合です。

でも、そういうのが一切ないと過程するなら僕は3ヶ月は張りっぱなしでも気になりません。

なので、あくまでも私的な立場でアドバイスするなら季節ごとに弦を張り替えると良いと思います。ただしこれはあくまでもコーティング弦での話です。
コーティングされてない弦だと3ヶ月もはってたらサビたり、くすんできたりして音のクリアさやチューニングの安定がなくなってきます。

というわけで

弦はコーティング弦を使用し、3ヶ月に一度。交換するのが良いと思います^^

【生徒さんいらっしゃい】チューニング編2

ものすごーーーく基本的なことなんですが敢えて書きますね。

チューニングは確かに面倒くさい作業です。

でも、必ず練習するまえに合わせてみてください。

なんとなくあってるぽいからまあいいかな、でそのまま狂ったチューニングで練習やレッスンを受けると何も良い効果はありません。

聞いてるほうも気持ち悪いし、適切な音感が養われなくなります。

かといって、最初からみんなが音感があるわけではないので
チューニングが正確にあってる状態が「当たり前」になるように普段から心がけてください

そうすると、いつのまにか少しでもチューニングが狂ってると「気持ちが悪い」という感覚が芽生えてくるはずです。

チューニングが実はずれているのに、音程が狂っているように聞こえない状態は危険です。
ですので、マメなチューニングを心がけましょう^^

<<BACK 1234567

Home >

Feeds

Page Top