Home > > ペダルボード制作その7(その他の機材)

ペダルボード制作その7(その他の機材)

<チューナー>
チューナーはここ最近ずっとライブではクリップチューナーを使用していました。

何度も書いていますが、僕の美学として演奏中はクリップチューナーを外すので、チューニングする時に装着して、チューニング後はまた外すという作業をしていました。

今回せっかくボードを組んだのだから、チューナーも組み込もうと思って久しぶりに据え置き型チューナーを買いましたよ。

一応BOSS TU-12を持ってはいるんですよ、アナログで使いやすいんだけど、やはりここは最新のチューナーを組み込んでみたいですね。

というわけで、TC ELECTRONIC / PolyTune 2を購入。
6弦同時にチューニングできるポリチューニングが特徴ですね。
使ってみたけど、まあ心配性なので、結局1本1本チューニングしちゃいますが(笑)

少し小ぶりのPolyTune 2 miniにしようと思ったのですが、致命的な欠陥がありました。
不良ではないのですが、ここは厳しく敢えて欠陥と言っておきます。

基準音が440Hz固定なのです!
ありえない!!生ピアノが入ったら442とかで合わせないと行けないのに!

もっともっと小さい、PolyTune Clipですら基準音の変更ができるのに、なぜminiだけができないんだ!明らかに欠陥じゃないですかね(^_^;)

基準音さえ変えられたら、ボードに組み込むのにこれ以上良いチューナーはないのになあ。惜しい惜しい。

<ボリュームコントローラー>
EWS / Subtle Volume Control
今回、一番有効に使えそうな機材がこれじゃないでしょうかね。
ボリュームペダルではなく、ツマミタイプのボリュームコントローラーです。
でっかいツマミにはギザギザがついていて、靴の側面で簡単に回せるようになっているんです。


この機材のミソは、少しずつボリュームが変わることです。
いざライブを始めたら、バラードではちょうど音量が良かったのに、ガンガンうるさい曲ではギターのボリュームが小さくて聞こえなくなったりすることがあります。

そういう時は、アンプのボリュームをあげに行けばいいのですが、アンプのボリュームってちょっと動かしただけで、かなり音量が変化しちゃうものが多いですよね。

そんな時に、このコントローラーをちょちょっと足で回せば、繊細なボリューム調整ができちゃうんです。

僕が一番欲しかったのはこれなんです!

ライブでバンド内での音量バランスをしっかり考えられる人は、アレンジャーやってたり、ミックスをやっていたり、音楽制作に関わってる人の特徴だと思います。

ひとりよがりの、爆音ギタリストはあまりカッコいいとは思いませんね。
ジミヘンとかジミーペイジくらいのカリスマ性があれば別ですけどね!

<ジャンクションボックス>
ONE CONTROL / Minimal Series Pedal Board Junction Box
うーむ、これはぶっちゃけ衝動買いです(笑)
ようするに、インプットとアウトプットを同じ場所にまとめるだけの機材です。
僕のレイアウトだと、ボリュームペダルのインから、ボリュームコントローラーのアウトへと信号が行くので、これがなくても全く問題ないと思います。


まあ、これはただのカッコつけのために買っただけです!

さて、こんな感じで必要な機材はひと通り揃えました。
どんなボードになったでしょうか・・・

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > ペダルボード制作その7(その他の機材)

Page Top