Home > > 【生徒さんいらっしゃい】カポタストの正しい使い方

【生徒さんいらっしゃい】カポタストの正しい使い方

え?カポタストに正しい使い方とかあるの?と思われる方もいると思います。

適当にカポタストをつけてませんか?

カポタストをつけるときに注意すべき点がいくつかあります。

・フレットになるべく近づける
フレットとフレットの真ん中あたりに装着してませんか?
その状態で弦をよく見てみるとわかりますが、弦が引っ張られてピッチが上がってしまいます。
カポタストはなるべくフレットに近い位置に装着しましょう。

・きつく締めすぎない
カポタストはたいてい締め具合を調整できます。
あまりきつくしすぎると、テンションがかかりすぎてこれまた弦のピッチが上がってしまいます。装着時に弦が沈みすぎないよう、なおかつ弦がびびらない具合に締めましょう。

・チューニングはカポタストをはめたまま?
開放弦でチューニングした状態でカポタストをはめてその状態でチューニングしてみてください。もしかしたらピッチが上がってるかもしれません。

上記の2つのポイントを改善してもそうなるのなら、カポタストをつけた状態でチューニングしなおしてください。カポタストをはめたままで大丈夫です。

ですが、なるべくならカポつけたままチューニングしないに越したことはないです。

もしかしたら、ギターがフレット音痴のせいもあるかもしれません。カポのせいで弦に必要以上にテンションがかかるとピッチはあがりますが、弦がさほどへこんでないのにカポ時のチューニングがおかしいのはギター自体が良くない可能性もあります。

なお、エレキ用アコギ用のちがいもありますので昔の記事を参考にしてください。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > 【生徒さんいらっしゃい】カポタストの正しい使い方

Page Top