Home > > ACアダプター代用について考えてみる

ACアダプター代用について考えてみる

ACアダプターなんていろいろな機器で使われてるので、どれか代用で使えるんじゃないか?
って思ってしまいます。

実際、代用で使える時もあります。
しかしながら色々注意しなければいけない点があるみたいです。

僕が独自に調べた事なのですべて正しいとは限りませんし、この情報によってなんらかの被害を被っても責任はとれませんが、ACアダプターの代用について少し書いてみたいと思います。

<ACアダプターが代用できる条件>
・極性があってること
たぶんこれが一番重要じゃないでしょうか、ACアダプターには当然プラスとマイナスがあってそれが一致してる必要があります。ACアダプターのプラグを見てみると真ん中に穴が開いてると思います。そのセンターの部分がプラスなのかマイナスなのか知っておく必要があります。
極性が逆のACアダプターをつないで通電すると機器が壊れる確率がとても高いみたいです。
極性のわからないACアダプターを代用するのは絶対にやめましょう。

・電圧があってること
ACアダプターにはインプットとアウトプットの電圧の表記があると思います。
インプットは日本国内なので100V、アウトプットはその機器にあった電圧が書いてあります。
エレキギターのコンパクトエフェクターなんかはほとんどが9Vです。
ちなみに僕が今回忘れたAG-STOMPは12Vでした。
同じ電圧で極性も同じACアダプターなら代用できる確率は高くなることでしょう

・電流値があってること
ACアダプターには電流値も表示されてると思います。アンペアで書かれています。
900mAとかいったように表記されています。これがぴったりあえばほぼ代用できると言っても過言ではないと思います。少なくとも機器が必要とする電流値よりも数値の大きいACアダプターなら代用できる可能性は高まります。

・コネクタの大きさがあってること
上記の3点がクリアできても最後のハードルがあります。
これが一番びっくりしたのですがコネクタってメーカーや機種によって微妙に大きさがちがうんです。つまり全く同じ電圧、電流値、極性のACアダプターでもコネクタの大きさが違っていて差し込めなければ使えないのです。
実際、今回上記の3つを満たすACアダプターを同じバンドメンバーが持っていたので代用できないかどうか借りてみたのですが、コネクタの大きさが合わず使えませんでした。


というわけで、ACアダプターの代用は色々ハードルがあるので特殊な機器の場合、代用できる可能性はかなり低いと思います。

エレキギターのコンパクトエフェクターなんかはだいたい9Vで形状も同じものが多いので代用できることが多いのですがAG-STOMPのような特殊な機器はそうはいかないみたいです。

素直に専用ACアダプターを使う事にしましょう!(^^;)

注意:本文にも書いてますが、この記事はACアダプターの代用を勧めるものではなく、あくまで筆者が個人的に調べた結果を書いたものです、ACアダプターの代用については個人の責任の元で行ってください。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > ACアダプター代用について考えてみる

Page Top