Home > > Purple Hazeという奇妙な曲

Purple Hazeという奇妙な曲

今後のライブでジミヘンの有名すぎる曲「Purple Haze」をやるのですが、考えたらライブでやるのもちゃんと演奏するのも初めてでした。

レッスンではE7+9コードをジミヘンコードとして教えることが多いのですが、もはや若い世代の人はジミヘンすら知らないので、その呼称もどうなんだろうなと思いますけど。

さてそんなジミヘンコードで有名なこの曲なんですが、この曲の聴きどころはそれだけじゃないですね。

イントロからすでにぶっ飛んでいます。
ベースはEなのにいきなりBフラットのオクターブフレーズをぶつけてきます。
Eからみたら減5度の音を前面に出してくるのがすごいです。
ジミヘンはそんな理論とか気にせず、かっこいいという感覚だけでやっていたのでしょうか?
すごい常人離れした感覚だと思います。

ギターソロもEマイナーペンタ一発かと思いきや、ドリアンとかも使ってるし奥が深いですよ。

これらすべてを感覚だけで作ったのだとしたら、これぞ感性の人ですね。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > Purple Hazeという奇妙な曲

Page Top