Home > > MS処理という麻薬

MS処理という麻薬

最近になって、MS処理というマスタリング手法を知りました。

有名どころでは中田ヤスタカさん(Perfumeなど)が使ってる手法らしいです。

音源のMid(中心)とSide(左右)に音を分離させて、それぞれの音源に対して音の加工ができるのです。

早速、自分が手がけた過去作品で試してみました。
同じ音圧レベル出しても、出来上がった音源の波形を見ると、全然飽和していなくて、ちゃんとノコギリ波形になってる!!
すなわち、ダイナミクスはちゃんと出しつつも、音圧は出せるという事です。

これは、wavesのL1(素人でも、簡単に音圧をあげられる魔法のプラグイン)を手にした時の感動に近いものがあるぞ!

L1で音圧を上げるのは簡単ですが、すぐに音が飽和するので、それが悩みだったんですよね。

これからはMS処理をうまく取り入れて、作品のクオリティを上げていけるよう勉強してみます。

久々にマニアックな話題でしたね。(笑)

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > MS処理という麻薬

Page Top