Home > > セッション体験談

セッション体験談

今日はバンドセッションコースの日でした。

まだまだ生徒さんは、飛び込みのフリーセッションに行ったこと経験のある方は少なくてこれからどんどんチャレンジしていったもらいたいとは思っています。

ですが、いろいろ不安もあることでしょう。

参考までに僕が行ったフリーセッションの体験談を良いパターン悪いパターン関係なく書いてみましょう。

・Aセッション
いわゆるジャムセッションで定番曲(ブルースも含め)をセッションホストがしきって進行していくセッション。これはホストが次にステージに立つ人を指名して呼んでくれるので初心者や自分から出させてくれと言い出しにくい人にお勧めのセッションでした。
周りの人も初心者に優しく、わからないことは丁寧に教えてあげていました。

・Bセッション
既存の曲は一切やらず、3コードか2コード、1コードセッションのみ。
楽器始めたばかりの人でもOKという謳い文句もあり本当に完全に初心者も参加。
当然曲は破綻しまくることもあり、ある程度弾ける人にとっては苦痛でしかないセッション。
でも、こういうセッションは楽譜が読めなくても既存の曲を知らなくても参加できるので敷居はかなり低い。でも満足度は低かった。

・Cセッション
プロ級の人が集う、修羅場なセッション。
「チキン」とかコード進行知らないって言っただけで苦笑いされるような感じ。
有名なプレイヤーが参加する曲はみんな必死に我こそは!という感じで参加しようとしていた。
完全にプロを目差す人や、ぬるいことが嫌いな人たちが集まるセッションでした。
名前呼ばれて出て行くシステムじゃなくて、自分から手を上げない限り出られません。

まだまだたくさんありますが、だいたい大きくわけて3パターンでしたね。
もちろんA、B、Cと自分が居心地が良いと感じるのは人それぞれです。

Cセッションくらい歯ごたえがないと面白くないという人もいるでしょう。

僕は性格的にAが居心地いいです。自分とおなじくらいのレベルの人もいつつ
自分が教えられるくらいの立場にあるレベルのセッションです。

とまあ、別にフリーセッションは怖いところじゃないのでいろいろ情報調べて行ってみましょう!


Comments:2

YA 2012-09-17 (月) 07:23

自分が行くセッションはホスト制です。とても親切ですが、基本的な”みだしなみ”が出来てないと厳しく指摘があります。それは、テーマがちゃんと吹けていない時。そして、ボーカリストは自分のキーを把握していない時。エンディングをどうしたいのかはっきりしない時。ピアニストは3度7度が抑えられてない時。逆に、これらの事がきっちり押さえられていると、アドリブはまだまだでもホストから、客席から惜しみない拍手が送られてきます。

kent 2012-09-18 (火) 22:29

それは素晴らしいセッションだと思います!
僕もそのようなセッションが好きです^^

そして、僕のバンドセッションコースではそのようなセッションでの「みだしなみ」「作法」といったことを教えています。

いつか生徒さんたちがそういうセッションに行っても楽しく参加できるようレッスン頑張ります^^

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > セッション体験談

Page Top