Home > > ボールエンドのナイロン弦

ボールエンドのナイロン弦

クラシックギターの弦交換は結構面倒くさいです。

ブリッジの方は結ぶ感じで固定しないとだめだし、張り替えてからチューニングが安定するまで時間がかかるのでレコーディングやライブ直前に張り替えたら下手したら曲の演奏中にチューニングが狂ってくるという事態に陥ります。

なので僕は今までレコーディングやライブ予定日の1週間前に張り替えて、1週間かけて安定させるという方法をとってきました。

なんとかならないかなあって思ってたのですがボールエンドタイプのナイロン弦で少しは解消されると聞いたので試してみました。

こちらは普通の一般的なナイロン弦

こちらがボールエンドタイプのナイロン弦

張り替える手間がかなり楽になりました。

そしてチューニングも普通のやつよりも安定が早い気がします。
とはいえ張ってから1日くらいは弦が伸びていくのでどんどんチューニングは低くなっていきますのでこまめにチューニングしないとレコーディングやライブに使うのはちょっと怖いですね。

やっぱりどっちにしても、前もって張り替えておかないとだめです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > ボールエンドのナイロン弦

Page Top