Home > > ストリングスアレンジの楽しさ

ストリングスアレンジの楽しさ

僕はギタリストなのですが、わりとストリングスアレンジには力を入れていると思います。

力をいれているというか、やってて楽しいのです。

なんだろう、一応ギターと同じく弦楽器だからかな?

アレンジをしていて良くぶつかるのが、音の厚みの物足りなさ。

ストリングスやオルガンで白玉でなんか適当に和音を鳴らせば音の厚みはでますが、それだとアレンジといえる代物にはなりません。やはり必要な時はちゃんと動かしてあげるとアレンジがどんどん楽しくなってきます。

ストリングスに関しては完全に独学なのですが、うれしいことにクライアントの方に特にストリングスに満足していただけることが最近多いです。褒められるともっともっと頑張ろうって思える単純思考回路なのでさらにストリングスアレンジが楽しくなるという良い流れができ上がってます。

でも、やっぱりもっともっと勉強したいな。

何度もこのblogでも書きましたがやはり本物の楽器のことを知ることが大切だと思います。
オーケストラのコンサートも一度行ってみたいな〜

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

投稿ボタンを押してからコメントが反映されるまでかなり時間がかかる場合があります
何度もクリックせずにしばらくお待ちください

Home > > ストリングスアレンジの楽しさ

Page Top