Home >

パソコン系

アップル受難?

早速アップルからiOS8.0.1のアップデータが配布されました。

が、しかし・・・・・

なんと、iPhone6やPlusで圏外になってしまうという致命的なバグがあり、配布後わずが1時間ほどで公開中止となりました。

僕はアップデートする時は、一応不具合報告がないかどうかネットで検索してからするので、事なきを得ましたが、何も知らずにアップデートした人はさぞかし焦ったことでしょうね(^_^;)

史上最悪のアップデートと呼ばれた、今回の騒動は一体どうなるんでしょうね。

ちなみに、僕が買ったiPhone6 Plusですが、手で簡単に曲げられるという話もあるみたいです。
まあ、わざわざ手で曲げませんが(笑)
なので、iPhone6 Plusにはシリコンケースよりも、プラスチックなどの硬い素材のケースが良いかもしれませんね。

僕は心配なので、分厚目のプラスチックケースと、あと液晶保護には強化ガラスを貼ろうと思っています。

ちなみに、ポケットにいれたまま座ったら、iPhone6Plusが割れたとかっていう話も出ているみたいですが、それはiPhoneのせいじゃないと思います(笑)
そもそも、電子機器をポケットに入れるとか考えられないです・・・
落としても気が付きにくいし、入れてるの忘れて座ることなんてしょっちゅうあるでしょうから、ポケットに入れてる人は自己責任ですね(^_^;)

iPhone6 Plus 一日使ってみた感想

丸一日、iPhone6 Plusを使ってみた感想です。

でかくて、操作しづらいです。(笑)

何が一番操作しづらいかというと、文字入力ですね。
ただ、僕はもともと携帯やスマホでの文字入力が苦手ですので、慣れた人なら関係ないのかもしれません。

でも、一日iPhone6 Plusを使ってからiPhone5で文字入力しようとすると、さらに入力しづらく感じました(^_^;)
小さすぎて、押すキーを間違えてしまうからです。

僕はガラケー方式の入力に慣れていないので、ローマ字入力なんですよね。

あとは、ネットブラウジング中に上部の角にあるリンクを押す時とかも、指が届かなくて不便です。

それでも、画面が大きいことによる視認性の良さは、iPhone5とは次元が違いますね。

マンガ読むのに良いかと思って買いましたので、その辺は大満足です。

片手操作だけで、すべての作業をするのはほぼ不可能だと思って良いかと思いますので、片手操作を前提にしている方はPlusは絶対やめたほうがいいと思いますよ。

iPhone6 Plusゲッツ!

オンライン予約組の中ではかなり恵まれている方で、発売日の次の日に届きました。

レッスンにでかける時間の10分前に届いたのですが、どうしてもiPhone6を持って出たくて、行きの電車内で移行作業行いました(笑)

まあ、その後休みなくレッスンだったので、結局ゆっくり弄れたのは家に帰ってからなんですがね(^_^;)

さて、実際手に持ってみたファーストインプレッションは。

でかい!!(笑)

圧倒的なデカさです。

もはや片手での操作は無理と思います。
文字入力も画面が大きくなって、結構不便になったかも。

でも、その不便さ以上に、大きくなって見やすくなった画面。
カメラ性能の良さ。
指紋認証の便利さ。

などなどから、iPhone5からは乗り換えてよかったなと思います。

ちなみに、一応ズボンのポケットには入りますよ。

それにしても、液晶保護フィルムを自分で貼ったのですが、極小の気泡が入ってしまいました。

ダメだ、、、また今度新しく買ってやりなおそう(^_^;)

物売るっていうレベルじゃねぇぞ!

今日はiPhone6の発売日です。

予約開始日の開始時間16時に張り付いて、16:00:24に予約手続き完了させました。
かなり早かったと自負しております。

それなのに・・・

当日配送じゃねーのかよ><
まあ、それでもオンライン予約組の中では早く手に入れられそうです。
1分遅れただけで、受取日が1日ちがうとかいうレベルらしいですよ。

でも、明日一日中レッスンだから、たぶん受け取れないな(^_^;)
日曜日にゆっくりセットアップするか。

今日自宅の近所のドコモショップを夕方みたら、iPhone6当日受け渡し可能だってさ。

オンライン予約自宅受け取りを選択した僕は思い切り負け組でーす(笑)

ちなみに今日は家で作曲者立会いの元、ギター録音でした。
そちらの方は、とても気に入ってくださったみたいで、滞り無く終了。

これでiPhone6が今日ゲットできてたら、最高の日だったのになあ(^_^;)


iPhone6Plus予約した

いつも、発売日には手を出さないのですが、今回は切望していた要素が満載なので即買決定しました。

iPhoneで移動中にマンガを読むことが多いのですが、とにかく画面が小さくて文字が読みづらいので、iPadが欲しいなと思っていました。

そんな矢先に発表されたiPhone6Plusはマンガを読むにはまだまだ小さいが、それでも片手で持てるサイズぎりぎりなので僕にとっては最適のガジェットとなりそうです。

それに手ぶれ補正付きのカメラ搭載となれば、もうPlus以外選択肢はないでしょう。

いろいろ調べたら、無駄な労力なく、確実に買える方法のベストはネット予約だということでした。

なので、自宅で16時ちょうどにネットで予約しましたよ。
発売日に自宅に配送してくれるらしいです。16時ジャストに予約したからさすがに発売日ゲットできると思うんだけどな・・そう願っています(^_^;)

でも、店に行って並んで予約する人の気持もわかりますよ。
なんか実感湧くし、労なく手に入れたiPhoneより、労して手に入れたiPhoneのほうがなんか愛着は湧きそうです。

そうそう、実際にiPhone6Plusの原寸大のサイズで印刷できるサイトを見つけたので、印刷してみました。
僕の手なら余裕で片手で持てるサイズでした。

Sophos Anti-Virus Home Edition

昨日の記事で、Mac好きの片鱗を見せましたが、Macのメリットの一つとして良く挙げられるのがウイルスに感染する危険性の少なさです。

Windowsは、ウイルス被害を良く聞きますが、Macはほとんど聞かないですね。
実際僕も20年Macを使ってますが、ウイルスによる被害は0です。
感染してたことはありますけど、実害のないものでした。

ここ数年、チェックしてなかったことを思い出して、MacBook ProとMac Proのウイルスチェックをしてみました。

Sophos Anti-Virus Home Editionというソフトがオススメです。
無償提供なのに、軽くて高機能という優れもの。

Macを使ってる方は念のため一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

結果は、ウイルス発見0でした。

やっぱり、Mac大好きだ〜

64bit

音楽用マックの制作環境を思い切って64bitに移行してみました。

僕が使っているMac Pro 2009は64bitのCPUです。
がしかし、使っているソフトが32bitなので、そのポテンシャルをフルに生かせていない状態でした。

そんな状態でもう5年も使い倒したのですが、まだまだ現役で頑張ってもらうために、ソフトもすべて64bitに移行することにしました。

ついでに、システムディスクをSSDにして、OSも10.6から10.8にすることにしました。
最新の10.9にしなかったのは、まだまだ10.9は不具合があるかもしれないからです。

64bitに移行するのに必要なのは

・デジタルパフォーマー(音楽制作ソフト)を最新の8にアップデート
・それに伴い、デジパフォに入ってるすべてのプラグイン、ソフトシンセを64bitに対応した最新版にアップデート

そうなんです、デジパフォだけ64bitに対応させてもダメなんです。
それに付随するすべてのものを64bit対応版にしないとダメなんですよね。

おかげでアップデート代支払い貧乏です><

こうなると欲がでるのでメモリも32Gに増設しました。
2年前の半額近い値段になってますね。こりゃ助かる。
Mac ProはHDD、メモリの増設が超簡単です。
中身の美しさにまでこだわった構造はまさに芸術品だと言っても過言ではないですね。
僕がMacが好きな理由はそこにあります。

さて、そんなこんなで丸一日くらい、この作業に時間を取られちゃいました。

でも、おかげでかなり快適な環境になりましたよ。

ようやく本来のMac Proのパワーが出せてる感じです。
メモリも32Gあるので、かなりソフトシンセ立ち上げても動作が遅くならないです。

あと5年は頑張ってもらうぞ!Mac Pro君!

あ、そうだSSDをシステムディスクにしたら起動がめちゃ早くなりました。
それだけじゃなくて、すべての動作がキビキビ早くなった感じですね。
やっぱり起動ディスクだけでもSSDにすべきですね!

<<BACK 1234567891011

Home >

Feeds

Page Top