Home > Archives > 2013年10月

2013年10月

胸板

ずっと休みなしだったせいか、その反動で洋服をいろいろ衝動買いしちゃいました。
デザイン良いなあと思っても、だいたいいつも胸がきつくて諦める事が多いのです。

まあ、最近は単に太り過ぎだっていうのがありますが
もともと胸板が厚いのですよ。
子供の頃水泳やってたせいじゃないかなと思います。

洋服屋の店員さんなんかは
「いや〜僕とか、胸ぺらっぺらなんで、胸板厚いのあこがれっすよ〜」
とリップサービス。
ぜってー、そんな事思ってないくせにー(笑)

胸だけ痩せる方法ないもんかなあ。

【インスト名曲50選】(02/50)
「Captain Fingers」Lee Ritenour
この曲はいわゆる速弾きなどは出てきませんが
運指が超絶にむずくて、そんなに速い曲じゃないけど
弾けないんです。
結構練習しましたが、結局原曲の速さでは弾けませんでした。
難解な曲として有名ですが、メロディーも良いなと思います。
一度聞くと頭に残るメロディーです。

名曲50選インスト編

名曲100選が終わっちゃいましたが、僕が想像していた以上に
楽しみに見てくださってる方が多かったみたいです。

100曲超えても続けて欲しいという声もありましたが、こういうのは限定だから
価値があると思うんですね。なので名曲100選は一旦終わります。

ですが、僕が好きなジャンルの一つ、フュージョン曲を除外していたので
次は名曲50選インスト編という事で紹介していこうと思います。

僕が好きなギタリスト、リーリトナーやラリーカールトンも含めますので
たぶんその二人の曲が多くなると思いますが・・・

というわけで、今日は1曲目の紹介です。

【インスト名曲50選】(01/50)
「Room 335」Larry Carlton
あまりにも有名すぎますが、記念すべき1曲目として挙げます。
僕がもっともコピーに時間を費やして練習した曲です。
1000回以上は弾いたんじゃないかなあ。
速弾きのギターこそがエレキギターの真骨頂だと思ってた
10代最後の年、この曲に出会って180度価値観が変わりました。
歌うように演奏されるギターの良さを知ってしまい
それからはラリーにどっぷりはまってしまいました。
インストやフュージョンに興味がない方も
この曲だけは知っておいた方がいいです!
と言っておきたいくらい名曲です。
映像はラリー&リーです。
この時の公演を大阪で涙流して見ていたミーハーです(笑)

名曲100選まとめ

僕の私的名曲100選の曲名リストだけまとめておきます。
洋楽48曲
邦楽52曲
と、洋楽邦楽まんべんなくになりましたね。
あくまでも、今日この時点での名曲100選なので
今後、また更新されていくことでしょう。
人生の折り返し地点とも言える40歳を目前とした
今の思い出として残しておくことにしましょう。

1 マイルストーン
2 Pressure
3 マインドトラベル
4 青空
5 オレンジ
6 We're All Alone
7 Natural Woman
8 贈る言葉
9 GET CRAZY!
10 Spend Some Time
11 Jolie
12 強く儚い者たち
13 Fantasy
14 What I Am
15 Let It Grow
16 Blowin' In The Wind
17 Rocket Dive
18 Virtual Insanity
19 Hello! Orange Sunshine
20 Comme d'habitude
21 Walk On The Wild Side
22 Loving You Was Like A Party
23 Man In The Mirror
24 Daddy, Brother, Lover, Little Boy...
25 くるみ
26 Message In A Bottle
27 Feel Like Makin' Love
28 Let's Spend The Night Together
29 You Got The Love
30 Wasted Time
31 Part-Time Lover
32 The Wild One
33 Soul With A Capital S
34 Just Missed the Train
35 雲がちぎれる時
36 Sunday Mondays
37 糸
38 さぁいこう
39 Swallowtail Butterfly ~あいのう...
40 GLORIA
41 バンザイ~好きでよかった~
42 サラウンド
43 風になる
44 息子 (Album Version)
45 TEARS~時間の中で~
46 One more time, One more chance
47 COBALT HOUR
48 Winner!
49 やぁ 無情
50 Starman
51 ひとつだけ
52 Dani California
53 カルアミルク
54 今夜はブギー・バック (smooth r...
55 Think
56 メルト
57 欲望
58 サマーヌード
59 化身
60 すみれ September Love
61 ルビーの指環
62 Still Got The Blues
63 Heaven Is A Place On Earth
64 FAITH
65 気分上々↑↑
66 愛のバクダン
67 WALK
68 ビューティフル・ネーム
69 Don't You Worry 'Bout A Thing
70 TATTOO
71 鳥になった少年の唄
72 The Power Of Love
73 Saturday in the Park
74 Decadence Dance
75 You cold be mine
76 Southbound
77 Sunday Morning
78 オリビアを聴きながら
79 とんぼ
80 星のラブレター
81 Hazy Shade Of Winter
82 Garden
83 The Game of Love
84 The Rose
85 夜明けまえ
86 The Days I Spent With You
87 CからはじまるABC
88 Blame It On The Girls
89 Ghostbusters
90 瞳をとじて
91 She
92 浪漫飛行
93 Rosanna
94 サマータイムブルース
95 両手は空へ
96 Lady Marmalade
97 Girls Just Wanna Have Fun
98 Maneater
99 栄光の架橋
100 旅立ちの歌

パンダおみくじ

今日はほんとになんもせず一日ダラダラしました。
よほど疲れがたまっていたのか、ほんとに何もする気が起きませんでしたね。
たまにはいいよね、こういう過ごし方も。

そうそうパンダおみくじを頂きました。

パンダの中に、おみくじが入ってるんです。
結果は「小吉」でした。

まあ、そんな一日でした。

【心にずっと残ってる名曲100選】(100/100)
「旅立ちの歌」COZ
ついに100曲目になりました。
最後に選ぶ曲は何にしようかなと悩みました。
「名曲」と銘打ってるので、選ぶのに躊躇しましたが
自分の曲を選びました。
僕が共同プロデュースで2009年にリリースされた
友人でもあるCOZ君のアルバムに収録されている曲です。
この曲だけ、僕の作詞作曲です。
心に酷い傷を負って、大阪を離れる時に
作った曲です。
この時の気持ちや決意は一生忘れてはいけないと思います。
どんな辛い事だって、乗り越えられるし
その先に光はあるんだ。
これからも、ゆっくりとしっかりと前を向いて歩いていきます。
よければ、買って聞いてください(笑)

ツインビー

レッスンと、残っていたギター録音を終わらせて、ようやく今月の仕事がすべて完了。
ずっと休みなしだったので、明日は久々の丸一日休みになりました!
とことん、ダラダラするぞー!

ダラダラしようと思い、何かゲームをしようと思って適当に検索してたら
ツインビーを見つけたのでつい懐かしくてやりはじめちゃいました。

といっても、本家のツインビーみたいに自分で連射するわけでもなく
ベルを打つたびに色変えたりとかもなく、自動連射でただ左右に動かすだけの単純なやつです。

それなのに、妙にはまっちゃって夜通しやっちゃいました。
たまにはシューティングゲームも気持ち良いね!

ちなみに僕が選ぶシューティングゲームナンバー1は
ファンタジーゾーン
です。すごい古いゲームですけど、いまやっても楽しいと思います。
ポップでデザインも良かったなあ。
主人公のオパオパはツインビーのぱくりっぽいデザインですけど(笑)

【心にずっと残ってる名曲100選】(099/100)
「栄光の架橋」ゆず
上京する時に、大阪の生徒さんが僕のために
みんなで送別会で歌った曲。
その当時の僕の胸の内を代弁してくれた歌詞です。
こういう気持ちこれからも忘れないようにという思いを込めて。
ちなみに、某オンラインゲームのオフ会でも
定番の曲でそういう意味でも思いで深いです。(笑)

2013年交流会

ヤマノミュージックサロン新宿の年に一度の大イベント
バンドセッション交流会が無事に開催されました。

教室に通う生徒さんたちで、バンドでの音だしを楽しんでもらい、交流を深めてもらうイベントです。

発表会というカラーではなく、公開リハーサルのようなイベントですね。

事前に練習しておいた曲を、講師が事前に決めておいた組み合わせのメンバーで演奏するのです。
発表会とはちがい、バンドでの話しあいなども含めてステージ上でやります。
セッション的な演奏会ですね。

もう今年で6回目で、毎年たくさんの生徒さんに好評を頂いているそうです。
発案者の僕としてはただただ嬉しいし、やりがいのある恒例のイベントとなっております。

何度も出演してる人も増えてきたので、今年はスムーズに進行できました。
毎年、押すのですが今年は巻き進行でした。セッティング慣れしてきた証拠ですね。

ギター科から一番質問が多かったのが

「アンプのボリュームはいくつにすればいいですか?」

でした。

僕は、ほとんどの生徒さんに「それも含めて交流会で勉強すべき部分なので自分で適量だと思うボリュームにしてください」と答えました。

厳密に言うと、具体的に数値を答える事ができないのです。

ギターの種類、エフェクターの有無など様々な状況において、絶対的な適正数値など存在しないからです。

みなさん、これくらいかな?って不安に思いながらセッティングしたことでしょう。

で、その結果、音量が小さすぎた、大きすぎた、というのがあったと思います。
自分がこれくらいって思った音量がバンドで音を出すと適正なのかどうかは、経験を積まないとわからないことです。

僕が、客席から聞いて、適正音量に勝手に調整していったとしたら、その人は自分で操作を経験しないままになるので良くないと思ったので、今回は生徒さんに音量コントロールをまかせてみました。

なかには、発表会という気持ちで参加されてる人もいるので、先生に適量にしてもらいたいって生徒さんもいたでしょうけどね。今回の失敗を元に、今後に繋げていって欲しいと思います。

さて、打ち上げの締めでの話。

今回の交流会のテーマは「思いやり」でした。
音量にしても、ちゃんとチューニングする、とか
セッティング終わった後に爆音で練習しないとか
すべて、他人を思いやる気持ちです。
バンドするからには、自分も楽しく、他人も楽しく。これが理想ですからね。

で、最後に中原先生締めてくださいと言われて。

「お♡も♡い♡や♡り」

と、クリステルしちゃいました。。。。

流行語だけは使うまいと思ってたのにいい><
酔ってたから、羞恥心がなかったようです(笑)

というわけで、大きなイベントも終わり、ほっと一息です。

【心にずっと残ってる名曲100選】(098/100)
「Maneater」Daryl Hall & John Oates
ホール&オーツの大ヒット曲です。
「大西君(大石君)」という空耳でも有名ですね(笑)
僕が以前、名曲100選で紹介したスティービーの
「Part time lover」と曲調が似ています。
パクリ?とか言われてますが、当時はこういう
リズムが流行ったので探せばたくさんありますよ。

言い方次第ですよね

明日は教室の大きなイベントがあるんですが、台風が接近してるので、開催が危ぶまれていました。なんとか直撃は免れて予定通りイベントは開催されそうで良かった。

僕は毎回、イベント後の打ち上げの幹事をやってるのですが、今回も幹事でした。

数日前、台風が直撃するかもということで、打ち上げ会場に事情を説明して、一旦キャンセルさせてもらいました。

当日キャンセルだと、台風であろうがいかなる理由があれども食べ物の料金は人数分全額頂きます、とのことだったのでそれは絶対に避けたいのでね。

結局、いろいろ交渉して、本来ならば席だけ予約というのは受け付けてないけど、台風でイベント自体が流れる可能性も考慮していただいて、席だけ予約して、人数は当日確定でオッケーということにしてもらえました。

電話で「お客様みたいに丁寧誠実な方だと、こちらもそれなりに対応させていただきます」と言われたのですが、たしかに飲食店とかタクシーの運転手とかに偉そうな人って居ますよね。

同席してた人が、店員やタクシーの運転手に偉そうな口調でクレーム付け始めると、なんだか残念な気持ちになってしまいます。

ああ、この人ちっちぇえなあ。って

普段から、偉そうなキャラならわかるのですが、自分は客だからという理由でやたら偉そうな人は品がないと思います。

店員さんも運転手さんも、人間なんですよ。
自分が言われたら、どう思うだろうって考えてから発言すれば、偉そうになんてなれないはずなのにね。

そして、偉そうに言われた店員さんは、融通きかせてあげようなんて思えないでしょうから、結局のところ偉そうに言って事態が好転することはあまりないですよね。

思いやりの気持ち大切です。

【心にずっと残ってる名曲100選】(097/100)
「Girls Just Want To Have Fun」Cyndi Lauper
この曲も大学生時代の思い出の曲です。
ギターのリフが印象的です。
コードカッティング、単音カッティングと入ってて
まさにカッティング練習用に最適の曲と言えるでしょう
こういうギターをしっかり綺麗に弾ける人こそ
上手いギタリストだと僕は思います。
にしても、この曲聞くとシャックリでそうになります。

結局行き着くところは

地元で新しいラーメン店がオープンしたので、とりあえず行って見た。

魚介豚骨というから期待は高まっていたのですが。。

つけ麺、油そばと食べてみましたが、まあ普通です(^^;)
たいして美味しくもないので、店名は伏せておきましょう。

いつも思うけど、結局のところずーーっと昔から、食べ続けてるラーメンって
天下一品しかないんですよね。

最近は家系はお腹がもたれてしんどいし。

でも、天一だけは胃もたれせずに食べられます。

もはやソウルフードといっても過言ではないでしょう。
ふう、明日は天一行くかな!

【心にずっと残ってる名曲100選】(096/100)
「Lady Marmalade」LABELLE
僕が大学生の頃、関西で活動されていたシンガー
SUGAMIさんがカバーしていて初めて知った曲。
ラベルなんてコーラスグループ、名前も知らなかったです。
調べたら、あの有名なパティ・ラベルのグループなんですね。
僕が生まれた年に発表された曲です。
のちに、映画「ムーランルージュ」の主題歌で
カバーされて有名になりましたね。
めっちゃテンションあがる曲です。

ムーランルージュ版はこちら

マーベリックス

Macを使い続けて17年くらい経ちました。
それ以来ずっとメインPCはMacです。

OS Xになってから、ずっとネコ科のコードネームでしたが
10.9にてついにネコ科から脱却!

マーベリックスですって。

どういう意味なんだろ?
調べたら

OS X Mavericksは北カリフォルニアにある地名
「Mavericks(マーヴェリックス)」が由来であると考えられる。

ということらしい。

まあ、そんなうんちくはさておき。

なんと、今回からOSが無料なのである!!
いままではOSは有料で購入というのが常識でしたが、やるなあアップル!

早速、事務用のMacBook Proをバージョンアップしてみました。
大きな変化は見られないけど、快適になった気がします(笑)

しかし、地味にカレンダーについてたTo doリストがなくなったのが痛い。
カレンダー見るたびに、やるべきこと確認するのに便利だったのに。

【心にずっと残ってる名曲100選】(095/100)
「両手は空へ」ナミヤカズキ
僕の友人の作曲家、故・長瀬弘樹君が
シンガーソングライターとしてデビューした時の
アルバムに収録されていた曲です。
廃盤ですし、youtubeにもないので音源はここでは紹介できません。
僕の人生を変えた曲です。
この曲がなければ、僕はもしかしたら
音楽制作の仕事をやっていなかったかも知れませんね。

チョコでほろ酔い

前々から気になっていたチョコを食べてみた。

Rummy(ラミー)という洋酒入りのチョコだ。
お酒にめっぽう弱いので、半分食べただけでほろ酔い気分だぜ〜

今月は仕事がものすごくスムーズに進んでるので実に気分が良い。
洋酒入りのチョコだけでほろ酔いになれて、安上がりでいいわ(笑)

バッカスというチョコも気になるので今度食べてみよう。

【心にずっと残ってる名曲100選】(094/100)
「サマータイムブルース」RCサクセション
基本的に政府批判などは興味はありませんが
この人だけは別格。
何十年も前から原発の危険性を訴えてきたのがスゴイ!
とかは思いません。
これだけ知名度のある人が、臆することなく
言いたいこと、やりたいことを演る。
そのロック魂に惚れました。
自分には到底できないし、そんな性格でもありませんが
清志郎にはなぜかシンパシーを覚える。
誕生日が同じせいかな?(笑)
ちなみに、原曲はエディーコクランです。

気分はもうクリスマス?!

まだ10月ですが12月に向けていろいろレッスンでやるクリスマスネタを仕込み始めてます。
クリスマスソングを何度も聴くことになるので、気分だけはちょっとクリスマス先取りです。

有名かつ、コードが簡単なクリスマスソングを1曲紹介します。

Wham!のLast Christmasです。

(テンションは割愛)
D Bm Em A

の4コードが2小節ずつ8小節を延々と繰り返すだけです。
超簡単ですね。
アコギで弾くなら2capoで
C Am Dm G なのでFも出てこなくて初心者にもお勧めです^^

【心にずっと残ってる名曲100選】(093/100)
「Rosanna」ToTo
身内ネタですが、ToToといえば
大学の軽音楽部のアノ先輩を思いだす。
そう、ディレイかけまくりのあのお方です。
濃いキャラの先輩のおかげで
ToToというバンドを知ることができました。
この曲を選ぶのもミーハーの極みですが
やっぱToToといえばこれでしょう!

ギターソロをピアノで作ってみる

いろいろ並行して制作仕事進行中です。

いまちょうど、ハードロックテイストな、若干速弾きが入るような曲をやってるのですが、速弾きがそれほど得意ではないのでいつもじっくり練ってからソロを作っています。

それでも、ギターで作ると自分がちょっと練習すれば弾けるフレーズしか作れません。
まあ当たり前といえば当たり前ですね。

たとえば、既存の曲で「あ、このソロかっこいい!」って思ってコピーしてみると、自分がいままでやったことないような運指をしなければ弾けなかったりして、相当練習しないとダメだったりします。

つまり、いままでにないようなソロを作るには自分の手癖やボキャブラリに頼るとダメってことですね。

そこで、ためしにピアノでソロを作曲してみました。
そしたら、ギターの運指とか関係なく作れるので良いかなと。

作ってみましたが・・・

運指が超むずい!!

いやあ、でもこれは練習になるな。

敢えて、仕事に苦役を導入するというマゾヒスティックな今日この頃です。

【心にずっと残ってる名曲100選】(092/100)
「浪漫飛行」米米CLUB
中学の頃、ギターを手にしたと同時に
一気に音楽好きになりました。
当時流行っていたこの曲も当然何度も何度も聴きました。
この時代の曲は挙げるとキリがないくらい
思い出に残っていますが、代表的なこの曲を選びました。
音楽ちゃんとやってから改めて聴くと
AメロBメロのコード進行がなかなか思いつかない進行になってます。
メロだけ渡されたら僕なら絶対こんなコード進行にはならないだろう。
奇をてらってなのか、天性の感性なのか・・

ローソンのメンチカツ

おかげさまで土曜日のレッスンがほぼ満員御礼で、昼ご飯を食べに出かける時間がなくなっちゃいました。なので最近は目の前のローソンで買ってきて10分くらいで昼ご飯食べています。

こないだテレビで紹介されてた、メンチカツを初めて食べたのですが、こりゃ本格的にうまいっすね!まあ、いろいろ添加物とかは入ってるのかもしれませんけどね(^^;)

メンチカツといえば、吉祥寺のサトウが有名ですけど、買うのに相当な行列を覚悟する必要があるのでなかなか買えません。久々に食べたいな〜

【心にずっと残ってる名曲100選】(091/100)
「She」Elvis Costello
王道バラードつながりです。
洋楽のバラードならこれ。
ピアノと歌から始まって、途中からバンドイン
最後はストリングスで盛大に。
バラードアレンジの王道パターンです。
アレンジの勉強する時に良く聴いたもんです。

iPhoneのアプリをMacで操作できたらなあ

iPhoneのアプリはもはや、僕の音楽ライフに必要不可欠となりました。

特に仕事で活用しているのが「mimi copy」です。
このblogでも何度も紹介してきました。
楽器の練習に意欲的な方はこのアプリを使うためだけにiPhone(iPad、iPod touch)を買っても損じゃないってくらいの、まさに神アプリです。

でも、いつも思うんですが家で作業してると、Macで仕事してるので、すべてMacで完結させたいんですよね。

mimi copyを使うのに、iPhoneにわざわざ音源ファイルを移動して、iPhoneをミキサーに繋げてっていろいろ準備が必要なのが面倒くさい。

mac版mimi copyがあればいいんですが、開発はされていない様子。

iPhoneのアプリをそのままMacでも操作できるといいんだけどなあ。
アップル製品なんだし、開発技術はありそうなんだけど、大人の事情で出来ないんだろうな。

【心にずっと残ってる名曲100選】(090/100)
「瞳をとじて」平井堅
王道バラードです。
僕が尊敬する亀田誠治さんのアレンジが光る名曲。
ベースラインが格好良すぎです。
僕のアレンジも思いきり影響受けています。

わたがし

僕はわたがしが大好きです。
かじって食べると、唾液がついた部分が湿って、そこが固くなるんです。
その固まったカリカリ部分が特にいいですね。

3歳の頃の写真を見ても、すでにわたがしが好きなようです。

でも、子供の頃は縁日で親にわたがしをおねだりしても

「わたがしは原価安くてぼったくりやから、あかんあかん、他のにしい」

ってなかなか買ってもらえなかった記憶があります。
たしかに原料は砂糖のみ。
300円の綿菓子の原価は10円くらいでしょうね。
アニメキャラクターの絵が袋に書いてますが許諾とってるかも怪しいし(笑)
(もちろんきちんと許諾を受けて商売してる人もいると思いますのであくまで僕のイメージです)

ここ最近食べてなかったので、久々に食べました。
10月だからハロウィン仕様^^
やっぱわたがしはおいしーい。

【心にずっと残ってる名曲100選】(089/100)
「Ghostbusters 」Ray Parker Jr.
わたがしからイメージしました(笑)
まあ、こちらはマシュマロですけどね。。
この曲は言わずとしれた映画「ゴーストバスターズ」のテーマ曲。
大学の頃、バンドでやった思い出があります。
この曲はいわくつきで、ヒューイ・ルイスのぱくりと言われ
訴えられて敗訴したんです。
事実としては、映画プロデューサーが
ヒューイ・ルイスに曲を使わせて欲しいといったけど
断られたため、レイ・パーカーJrに似た曲を作らせたという話です。
僕らの世界では○○風につくってってのは良くある話なので
笑えない話ですね(^_^;)

こちらが元ネタ(笑)

たしかに、リフとかまんまですね。(^_^;)

またまた台風・・・

大きい台風が続きますね。
早朝がピークだったみたいで、僕は寝ている時間帯でそれほど実害はありませんでしたが、朝通勤の方はご苦労さまでした。

僕のレッスンも1コマだけ休講になっちゃいましたが、夕方以降は通常通りでした。

さてさて、今月はおかげさまで、パンパンに仕事のスケジュールで埋まってしまい、月末まで休日返上となりました。台風にめげず頑張るぞ!

【心にずっと残ってる名曲100選】(088/100)
「 Blame It On The Girls」MIKA
本日も新しめアーティストです。
曲もすごいかっこいいなあって思ったのですが
PV見て、もう惚れましたね。
この曲はPVセットで聞いて欲しいです^^
こういうオシャレポップは大好きです。
BECKとかok goとかもいい感じですね。

並行ミックス

今日は出張でミックスしに行ってました。

完パケまで時間がなく、一人じゃ間に合わないということで同じ部屋でもう一人が別のミックスを並行するというなんとも慌ただしい現場でした(笑)
ヘッドフォンでのミックスだったので不安でしたが、満足していただけたようです。

ミックス中はお互いのテクをちらちらと見たり見られたり。
さりげなく秘技的なものを披露したりとなかなか勉強にもなりました。

あまり人がミックスしてる行程を見る機会はないので楽しかったです。

【心にずっと残ってる名曲100選】(087/100)
「CからはじまるABC」忘れらんねえよ
ほぼ懐古趣味的な選曲が続いておりましたが
たまには新しいバンドも紹介しましょう。
「忘れらんねえよ」という変な名前のバンドです。
サラリーマンやってたけど、どうしても音楽の夢が
忘れられなくてバンド結成したという暑苦しいバンドです(笑)
暑苦しくカッコ悪いのを売りにしてるのでいいんです。
2年前に放映してたカイジのアニメの主題歌です。
演奏が下手とか関係ない。とにかく心に響く曲です。

万歩計

最近、iPhoneアプリで万歩計をいれて計測しています。

だいたい、レッスンがある日は家からレッスン会場までの往復で5000歩〜6000歩くらいです。
やっぱり一日1万歩はいきたいところなので、足りない部分はウォーキングでカバーしてます。

しかし、一日中家で仕事の時なんかは一歩も外にでないので厳しいですね。
ウォーキングで1万歩捻出するには1時間半くらい歩行しないとダメみたいです。

目的があっての歩行で1万歩は苦にならないけど、ひたすら1時間半歩くってなかなか辛いですね。漫画読んだりしたいけど、さすがに危険だしな(笑)

悲しいことに、つい先日、友人が突然死によりこの世を去ることになりました。
小さなお子さんとお腹に宿る命と、最愛の奥様を残しての旅立ちとなりました。
友人がストレスと過労が原因で突然死したのかどうかは定かではありませんが、やはり好きな事をするためにはまず健康が大切だと再認識しました。

すべてにおいて優先すべきは健康なのだと思います。
早死してもいいから、俺は好き放題生きるんだぜ!っていう価値観もあるでしょう。
でも、悲しむ人が一人でもいるなら、その考え方はよろしくないと僕は思います。

あとは、まあ望んで仕事漬けになったのではなく、しかたなく仕事に追われてる人もいることでしょう。でも、勇気をもって仕事を減らして休養することも大切だと思います。

日本人、無理すんなよ!

【心にずっと残ってる名曲100選】(086/100)
「The Days I Spent With You」今井美樹
ボウイ関連は選出しないルールでしたが
この曲は今井美樹の曲という認識が一般的にあると思うので入れました。
布袋寅泰作曲です。
直訳すると、「貴方と過ごした日々」
もう、タイトルだけで泣けますね(笑)
まあ、そんな切ない思い出の詰まった曲なのであります。

今剛&松原正樹の最強タッグライブ版です。


こちらは布袋さんゲスト版。後半は布袋さんオンステージw

銀座でウクレレデモ演奏

今日はすんばらしい、秋晴れ!
銀座の街頭でウクレレのデモ演奏をしてきました。
天気が良くて超きもちいい〜

今回は珍しい企画で、生徒さんと共に演奏するというライブでした。
僕にとっても生徒さんとデモ演奏するのは初めてです。
でも、見事に立派な演奏をしてくれて、クオリティの高い演奏ができたと思います。
みなさんお疲れ様でした^^


そうそう、差し入れに頂いた、木村屋のお菓子がすんごい美味かったです。
あまりに美味かったから、自宅用に買って帰ろうと思ったら売り切れてた><
黒豆がのった四角いデニッシュのお菓子です。
今度銀座行ったら買うぞ〜

【心にずっと残ってる名曲100選】(085/100)
「夜明けまえ」スガシカオ
日本のFUNK POPといえばこの人
夜空ノムコウの作詞家としても有名です。
スガシカオはメロよりもむしろ作詞家としてのほうが
面白いなあと思います。
歌詞が文学的なんですよね。
この曲は、亡くなった友人と聞いて
あーだこーだ議論した思い出の曲です。

ギターのソフトシンセ

音楽制作あるある話の1つです。

オケ制作を依頼されて、ギター録音まで済ませた後のキー変更依頼(笑)

僕も昔にその洗礼を浴びたことがあります。

ギターを録音するのに何時間もかけてるから
それがすべて無駄になり、さらにキーを変更して録音しなおすのに時間もかかります。

普通の業種なら、追加料金が発生するのでしょうけど
音楽業界の悪しき伝統で、言われたらやれ!みたいなところがあります。

ですので、僕は生演奏の楽器を録音する前にかならず
キーとサイズは問題ないかどうかって確認します。
シンガーさんにも実際歌ってみてもらって確認してください、とお願いしています。

それを徹底してからは一切、そういうことはなくなりました。

もちろん、打ち込みだけの段階でキー変更を依頼されることはあります。
でも、データをトランスポーズするだけなので、なんら問題はないのです。
まあ厳密に言うとベースラインの変更が必要な時はありますけどね。

でも、デモの段階でギターが入ってないとイメージにしにくいだろうなあ。
とは思います。

そういう時のために、ギターのソフトシンセがあれば仮ギターいれられるから便利かも。
自分がギタリストだけにいままでギターのソフトシンセには手を出してなかったけど、今後導入も検討してみよう。

【心にずっと残ってる名曲100選】(084/100)
「The Rose」Bette Midler
世界でもっとも美しいメロディなんじゃないか?
って思うくらいメロディが好きです。
これほどにまで簡単なコード進行で
人の心を打たせる曲なんて稀にしか見ないですね。
人類の宝曲と言っても良いと思います。

Paul Smithのギター?!

Paul Reed Smithではなく、Paul Smithのギターです(笑)

ミニギターでスピーカー付きだから、ZO-3のような感じなのかなあ。

なんにせよ、写真見る限りすごいクオリティです!


Paul Smith好きの僕としては是非欲しいところだけど
こないだアコギ買ったばかりでお財布がー><

ここで予約できるみたいです。
200台限定ですので貴重かもねえ。

【心にずっと残ってる名曲100選】(083/100)
「The Game of Love」Michelle Branch & Santana
ポール・リード・スミスといえばサンタナ
哀愁のヨーロッパも良い曲ですが、僕はこの曲が一番好き。
グラミー賞取った曲だから、知ってる方も多いでしょうね。
PVのサンタナめっちゃかっこいい!
フレーズもサンタナ節全開ですね。

ウクレレデモ演奏

10/13(日)銀座山野楽器本店の店頭デモ演広場にてウクレレライブをやります。

厳密に言うと、僕のライブというより、生徒さんと一緒に演奏する教室紹介ライブです。
生徒さんと一緒にこういうライブをするのは初めてなので楽しみです^^

時間は13:00から、14:30から、16:00からの3回です。
25分程度の演奏時間を予定しております。
3回とも同じ演目です。
もしよければ銀座にショッピングがてら見に来てください。

出演できる人数の制限や、生徒さん同士の連絡の取りやすさ
ウクレレの演奏技術などなどから考慮して木曜日19:30クラスの3名にお願いしました。
快く引き受けてくださって良かったです。

今日のレッスンでは直前ということでゲネプロをやりました。
なかなか良い完成度です^^

さて、そういえば今日先日購入したZOOM iQ5マイクを試してみました。
確かに綺麗に録音できるんですが
iPhoneケースつけたままだとマイクがささらなかったり
標準の録音アプリHandy Recorderが使いにくかったりと若干の不満点はあります。

iOS標準のボイスメモでも使えますがモノラルでしか録音できないぽいです。
ちょっといろいろ試行錯誤してみようかな。

【心にずっと残ってる名曲100選】(082/100)
「garden」sugar soul feat.Kenji
90年代後半から2000年にかけてジャパニーズソウル歌謡曲ブームがありました。
MISIA、宇多田ヒカルといった有名どころから
ACO、TINA、birdなどが流行りましたね。
そのブームの中でも僕が特に好きだったのがsugar soulです。
曲も声も好きだったけど、大人の色香にやられちゃいましたね。

アコギ聴き比べ

Taylor 814ceを買ったら、都合よくアコギ録音する仕事がたくさん入ってきました。
早速、もう仕事デビューさせてます^^

非常に弾きやすく、音も好きなので重宝しております。

さて、レコーディングのついでに僕がもってるアコギの聴き比べをしようと思い、手持ちの4本のアコギを録音してみました。

検証条件としては

・すべて同じマイクセッティングで録音(AKG C3000使用)
・演奏するフレーズは毎回同じように弾けるように極簡単なフレーズを採用
・録音ファイルには一切の加工はしない

という感じです。

さて、先入観なしで4つのアコギの音を聴いてみてください
スマフォのスピーカーとかだと違いはわからないと思うので
ヘッドフォンでの試聴をお勧めします。

使用ギターは
Taylor 814ce
Martin D-28(1974年製)
Gibson SJ-200(2000年製)
YAMAHA FG-110(1969年製)
楽器の値段は知らない状態で先入観なしで聴いて見てください。


アコギA

アコギB

アコギC

アコギD

さて、どの音が良いと感じましたか?

僕、個人の意見は楽器は値段に比例して音が良いというわけではないと思います。
そもそも、良い音という言葉がもつ信頼性はあまりないと思っています。
肝心なのは演奏する本人が好きかどうかです。
あと、実際に演奏する人は弾きやすさも楽器の良さの大きな要素ですね。

答えをみて、一番安いギターが一番良いと感じた人は
別に恥ずかしい事ではありません。
そのギターがあなたにとって心地よい音を出してくれるギターなのですから。

というわけで、答えは別ページにアップしておきましたので
そちらをご覧ください。

バランス

仕事だけじゃなく、プライベートでも自分がリーダーとなって人を束ねないといけないとき、そこにはどうしても切り捨てないといけない意見がでてきます。

身近な話でいうと、飲み会の幹事とかそうですよね。
誰かの意見を取り入れると、他の誰かが不満に感じるようなことがあります。

つまり、誰かを立てると、誰かの意見を取り下げないといけなくなるような場面が常にリーダーにはつきまとうのです。

僕も仕事柄、そういう場面によくぶち当たりますが毎回、最大限に不満を持つ人が少なくなるように調整する努力をしているつもりです。
全員の満足を得られるのはなかなか難しいですね(^_^;)

そういう役割を一度体験すると、政治家への批判などはあまりできなくなるようになるんです
まあ、これもあくまで僕の性格においてですけどね。

政治家、特に総理大臣なんかは日本に住む人全員を束ねないといけない。
きっと、最大限に不満がなくなるように努力はしてると思うんです。
まあ勉強不足だから、あまり大きなことは言えませんが・・・

もちろん、総理大臣に不満をもって、ブツブツいうのは構いませんよ。
でも、メディアに流されるのではなく、自分の頭で考えて
どうしてそういう決定になったのか?と考えてみると良いかもしれません。
きっと、その行動原理には誰かの不満を解消するために、誰かの希望を犠牲にしている部分があると思うんです。

あー、なんか久々に社会的なネタ書いたので、知恵熱が出たきた(^_^;)
この辺にしときます(笑)

【心にずっと残ってる名曲100選】(081/100)
「Hazy Shade Of Winter」The Bangles
サイモン&ガーファンクルの代表曲の1つです。
僕はバングルスのロックカバーが好きです。
はじめてプロとして演奏活動をやりはじめた頃
当時サポートしていた女性シンガーのライブで
演奏したことがきっかけで大好きになりました。
たしか、「人間失格」という赤井英和と桜井幸子主演の
ドラマの主題歌だった気がします。
そのドラマ見て、初めてこの曲を知った記憶があります。

昔のビデオを発掘して、いまから16年前のライブ映像見つけました。
長髪を目指していて、中途半端に長くてうざい僕の髪型(笑)
これももろもろ問題あるといけないので、リンクを直接コピペしてご覧ください。

http://youtu.be/SeNGm2qlLVY

ZOOM iQ5

ついにで発売だ〜
今年の前半に発表されてからなかなか発売せずにずっと待っていたのです。


iPhone5から採用になった新規格のLightningコネクタ装備の外付けマイク「iQ5」がいつの間にか発売されていました。

早速、購入しましたよ。

これで、iPhoneが高音質の録音機として使えます。
バンドのような大音量も音割れせずに録音できるので重宝しそう。
って、こういう時に限ってライブ予定がなくリハもないという(笑)

また、何か録音してみてレポートしますね!

【心にずっと残ってる名曲100選】(080/100)
「星のラブレター」THE BOOM
島唄で有名なTHE BOOMは、いまでこそ沖縄ぽさを前面に出していますが
昔はキャッチーなポップバンドでした。
初期の名曲「星のラブレター」が大好きです。
当時バンドでコピーしたことあるのですが
間奏を再現したくて、マンドリンをわざわざ買いました。
このサイトのToolsのページにマンドリンがあるのはそのせいです(笑)

音楽を聴くための儀式

昔話です。

その昔、音楽を聴く時には儀式がありました。
僕が経験した範囲で時系列で挙げてみましょう。

・テレビを録音する
好きな曲がオンエアされるテレビをチェックしておいて、それをテレコで録音して聴く。
まず、曲を調達するのも一苦労でしたね。そして録り貯めたカセットテープはタイトルをちゃんと書いておかないと、どこに何が入ってるかわからなくなり、探し回る羽目に(笑)

・レコードの針を落す
レコードの時代は、レコードの針を落すのが儀式でした。
聴きたいレコードを棚から探しだして、レコードプレイヤーにセット。
そして、針を落すという一連の儀式が必要だったのです。

・CDを聴く
僕が中学生くらいの頃にようやく庶民にCDが普及しはじめました。
レコードと同様、棚から聴きたいCDを探しだしてCDをプレイヤーにセット。
好きな曲を選曲し再生するという儀式が必要でした。

・CDからカセットテープにダビングして聴く
中学生、高校生のころは、CDなんてぽんぽん買えるものではありませんでした。
レンタルレコード屋がちょっとずつ、CDを貸し出すようになってきたので
それを借りてきて、カセットにダビングして聴いてました。
無音領域を検知して、曲のスキップができたりしましたが、曲間が短かったりするとその曲が見つからなかったりしたりと苦労して聴いてましたね。
いずれ、大学生の頃になるとカセットはMDへと代わりました。

という感じで、お目当ての1曲を聴くのにそれなりに時間と手間のかかる儀式があったんですよね。だから音楽ってのは尊い存在だったのかもしれない。

いまでは、曲名さえネットで検索すればだいたいyoutubeなどで聴けちゃう時代です。
そりゃ音楽の売り上げも落ちるはずだ。

もちろん、善し悪しの話をしてるのではありません。
音楽を聴くという行為がよりお手軽になり、便利になった反面、失われたものも多いなあと思います。僕も時代の流れに乗って、もう曲はほぼすべてネットで買ってますけどね(^^;)
ジャケットを見ながら、音楽を聴いてた時代が懐かしいです。

【心にずっと残ってる名曲100選】(079/100)
「とんぼ」長渕剛
たしか僕が初めて自分のお小遣いで買ったCDが
長渕剛の「昭和」でした。
「とんぼ」が聴きたかったからです。
ドラマ「とんぼ」の主題歌だったのですが
ドラマは見たことがありません。
なんかテレビで流れてきて、心にぐっと来たのです。
そんな思い出の曲。

ストレス解消法

おかげさまで、腰痛は完全に治りました。
ウォーキング、スイミングを再開していますが、快調です。

腰痛は一度なると、くせになるっていう話もありますが、思い込みはいけません!(笑)
もう、ならないと信じて日々のストレスをなくして生きていこうと思います。

なんか、ほとんどの病気ってストレスから来てるような気がするんですよね。

仕事のストレスはあるんでしょうけど、僕の主なストレスはマナー系ですね。

・電車内で混雑してるのに、車両間を移動する人
・無駄にうるさいバイク
・歩きタバコする人
・ぎゃーぎゃー泣きわめく子供を野放しにする親

などなど、挙げたらきりがないですがだいたいいらっとするのはマナー系の行動です。
自分が完璧にマナー守れてるかと聞かれたら自信はないですけどね・・・

ともあれ、こういうマナーを守らない人に対峙した時に決まってすることがあります。

スマホで検索するんです。

たとえば「電車内 混雑 移動」とかで検索すると、僕と同じいらだちを感じた人が、Q&Aサイトとかに投稿してるんですよね。

それをみて、ああ僕と同じようないらだち感じてる人がいるんだなって安心したり。
それに対する意見みて、「あれ?僕が神経質すぎたか?」とか思ったり。

そうやって調べるうちに、イライラを忘れてしまってるんですよね。

日常ストレスを感じてる方、一度実践してみはどうでしょうか?
共感や、反論を見てると自分のストレスが客観的に認識できて良いと思いますよ!

【心にずっと残ってる名曲100選】(078/100)
「オリビアを聴きながら」杏里
大学生の頃、初めて演奏の仕事で毎週クラブ(ホステスがいる方)
に出演していました。その時何度も演奏した曲。
いろんな思い出が詰まっていて、聴いただけで涙腺がゆるむ曲の1つです。

桐島、部活やめるってよ

映画「桐島、部活やめるってよ」がネット口コミで高評価だったので見てみました。

内容はネタバレになるので書きませんが、「え・・・」っていうのが感想です。(^^;)

内容を書かずに説明するのは難しいですが、いわゆる、ストーリーのほぼ全てを見る側に託している系の映画です。

見る側の解釈によって、いろいろな見方ができて面白いという感じですかね。

高評価をつけてる意見をみると、昨今の映画は説明過多でわかりやすくしすぎていて、むしろそれは客をバカにしてる、とすらかかれていました。

映画は娯楽でもあり、アートでもあるから、まあその辺の楽しみ方にはとやかく言うつもりはないですが、僕はこういうサブカルぽさを前面に出した映画は苦手だな・・・

ちなみに僕の一番好きな映画は「ショーシャンクの空に」とか、「ライフイズビューティフル」とかストーリーが明解で、素直に感動できる作品ですね。

【心にずっと残ってる名曲100選】(077/100)
「Sunday Morning」Maroon 5
なんて、おしゃれな曲なんだろう!って衝撃を受けた曲
ジャミロクワイか?って一瞬思ったけど声が違ってました。
間奏がSir Dukeに似てるけどかっこいいです(笑)

お絵書き

mixiがついに赤字らしいですね・・・
僕も昔はmixi結構使ってました。高校の一つしたの後輩が社長だったのでなおさら愛着があったのですが、mixiの某ネットゲームを引退してからはログインすらしなくなり放置になっちゃいましたね。

あしあと機能が嫌だっていう声が大きく、あしあと機能を停止したら、今度は復活しろって声があがったりと、なかなかかじ取りが難しいみたいですね。
誰かの意見を汲み取ると、他の誰かが不満を言う。規模の大小はあれ、どこにでもある話ですけど、SNSの運営なんてよほど肝っ玉が据わってないとできなさそうだ・・・

さて、そんなmixiに久々にログインしたら懐かしいものを見つけました。
お絵書きゲームですが、お題があって記憶だけを頼りに絵を書くというアプリです。
やったことある人もいるんじゃないかな?

僕は絵ははっきりいってうまい方ではありません。
というか、これ、絵がうまいとかいう以前に幼稚極まりないですね(笑)

【心にずっと残ってる名曲100選】(076/100)
「Southbound」The Allman Brothers Band
大学1年生のころ、オールマンブラザーズのコピーバンドをやってました。
この曲は16ビートブルースの名曲じゃないでしょうか?
ちょうどこの時代に耳コピを始めたばかりで何度もテープ巻き戻して聞きましたね。
軽音楽部ではバンドスコアを見てやるということはほとんどなく
だいたい耳コピを強いられたのです。
いま思えば強制的に耳コピせざるを得ない環境があったから
出来るようになったんじゃないかなと思います。

最高に弾きやすいアコギ

Taylor 814ceが調整から戻ってきました。

僕のオーダーはこうでした。

6弦12フレットの弦高を2mmに下げてください。
ただしフィンガーピッキング時にどの弦、どのフレットでもビビリがでないように。

ちょっと欲張ったかな、と思いつつ調整に出したのですが、見事な調整がされて戻ってきましたよ!!^^

ネック角度調整と、サドル交換をしてくれたみたいです。
オクターブピッチもばっちりでした。

アコギは弾きやすく調整してあげると、世界が開けたようになります。

そういえば、先日のレッスンで僕のMartin D-28を生徒さんに試しに弾いてもらったのですが、普段自分のギターでは鳴らせないコードが綺麗に鳴らせて、驚いていました。

この事からも、やはりアコギは適切に弦高を下げてあげたら、ずいぶん弾きやすい楽器になるのだと思います。

ちなみに僕のTaylorはちょっと太めのゲージを張ってるエレキ並に弦がやわらかく弾きやすいです。いままで何本もアコギ弾いてきましたが、一番弾きやすいアコギになったと思います。

【心にずっと残ってる名曲100選】(075/100)
「You Could Be Mine」Guns N' Roses
高校の思い出ソング特集ですね(笑)
高校三年のとき、文化祭に出るにあたりドラマーがいないのが悩みでした。
でも、なんとか出たかったので僕がドラムをやるというお粗末な選択肢になりました(笑)
しかし、やると言ったからには最大限の努力をしなければ迷惑かかるので
ドラムで出演すると決定してから2ヶ月、ほぼ毎日2〜3時間練習しました。
1曲だけじゃなくて、たしか6曲くらいやったと思います。
家にドラムセットがないので、少年ジャンプが練習の友です(笑)
手の皮はまさにボロボロになりマメができて潰れて
熱血漫画並の練習を経てなんとか文化祭でドラマーとして出演することが出来ました。
後にも先にも、ドラマーとしてライブしたのはこの日だけです。
そんな、汗臭い思い出の曲です。

物好きな方がいらっしゃれば高校時代のライブ映像アップしておきましたののでご覧下さい(笑)友達も映ってるので、さすがに限定公開にしておきます。
ご覧になりたい方は次のURLをコピぺして見てくださいね。URL知ってる方のみ限定公開です。

http://youtu.be/xSlKl77rYFk

ドキ!男だらけのライブ

今日は北広さん以外、全員男性ボーカルという男だらけのライブイベントでした。

てか、北広さんって良く男性に間違えられるんですよね。

北広昌、って書いてあると、「北 広昌」(きた ひろまさ)みたいな感じで(笑)

久々に、アコースティックの箱(ライブハウスのこと)じゃなくて、バンドの箱だったので大音量で気持ち良く演奏できました。TAKE OFF7は音が良いし好きな箱です。

さて、男だらけのイベントでしたが、北広チームは女子率高し!
僕もなんだか、ちょっと女子ぽくなっちゃってる?!

【心にずっと残ってる名曲100選】(074/100)
「Decadence Dance」Extreme
高2から高3にかけて、洋楽ハードロックばかり聞いてた時代がありました。
特にエクストリームとMr.BIGの2バンドは聞きまくりましたね。
アルバムとしては「III Sides To Every Story」が好きですが
一番思い出の曲はこの曲ですね。
ギタリストのヌーノベッテンコートは
間違いなく神と呼んでも良いでしょう(笑)
ジョジョにでてきそうな感じですね。
色男で、スタイル抜群、ギターは超絶に上手い、歌も上手い
おいおい、天はいくつの才能を与えるんだよ!!!

Home > Archives > 2013年10月

Feeds

Page Top